2008年12月16日

素敵なベーグル屋さんです。

今日は友人がやっている筑摩のヘアーサロン「Bois」へ珈琲豆の配達。そのついでに、昨日グランドオープンしたベーグル専門店、「ナチュラルベーグル 歌」さんへ寄らせていただきました。

すでに新聞に掲載されておりましたし、HPやブログを拝見させていただいておりましたので、お店の雰囲気はわかっていたのですが、実際に立ち寄らせてもらうと、更に素敵な雰囲気。小さいながらも手作り感満載のとても可愛いお店です。

大手ショップとは比べようもない素晴らしい空間で、並んでいるベーグル達もコダワリが感じられるものばかりが何種類も並んでいるので、どれにしようか悩んでしまいます。

悩んだ挙句に選んだベーグルはこちら。
bagle0812a.jpg

プレーン、ほうれん草・黒ごま、りんごシナモン、の3種類です。りんごシナモンは子供のおやつに、その他はベーグルサンドにして私と妻のランチになりました。ベーグルの素材感を邪魔しないように、コーヒーはパプアニューギニアのシグリにしました。

bagle0812b.jpg

プレーンはハード系な感じで、外側がパリっとしています。今日はスライスチーズとプロシュートを挟んでいただきました。食べ応えがあってランチにはぴったりです。自家製ベーコンとトマトなんかで食べたら最高に合いそうですネ。

ほうれん草・黒ゴマは、ほうれん草が練りこんであるせいか幾分しっとりとした食感で、ほのかに甘い味が残ります。今日はモツァレラチーズでいただきました。優しい味わいがとても美味しいベーグルなので、何も入れずに食べても十分に満足できる味です。他のベーグルも早く食べてみたいデス・・・。


ここは信州。都会と比べれば何もかもがスローペースで、食の文化もまったく異なります。そんな信州の真ん中「松本平」に、チェーン店ではなくて、個人経営のこだわり度満載のベーグル専門店ができたことをとても「うれしい」と感じると同時に「ありがたく」思います。松本平の人々に、いつまでも愛されるお店になってくれるといいですネ。美味しいベーグルをありがとうございました。また寄らせていただきます!


posted by jiro at 16:07| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ハワイコナ・EXファンシー

「今年もやりますか?」というご質問が、先週くらいからだいぶ多くなってきました。そう、クリスマス期間限定販売のハワイコナ・EXファンシー。常に販売したい豆ではありますが、焙煎後1週間以内の豆しか販売しない当店にしてみれば、この上なくリスクが高い商品であります。したがって、1年の中でちょっと高い珈琲豆を買っても許されるであろうこの時期のみの販売とさせていただいております。

今年は21日(sun.)からの販売予定です。10kgのみの限定となります。10kgといっても、生豆は焙煎すると2割ほど重量が減りますので、実質は8kgくらいの販売量となります。
posted by jiro at 22:13| 珈琲豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

庭のギャング

昨日、我が家の庭のビワの木が花をつけていることを書きました。トラマルハナバチがせっせと受粉に貢献してくれていて、これなら実をつけてくれるかな?と期待しているワケでありますが、心配なこともあります。それは、ヒヨドリがビワの花を食べてしまうことです。

昨年まではあまり見かけなかったヒヨドリが、今年はどういうわけか、我が家の庭付近の電線にたくさんとまっているようになり、隙を見ては庭に舞い降りて、いろんな木の花を食べてしまうのです。花だけではなくて実も食べてしまいますし、なるほど「庭のギャング」の異名をとる鳥だけのことはあります。

ナナカマドの実も、ヒヨドリ達の格好の標的になっています。

nanakamado0812.jpg

今日もたくさんのお客さんといろいろなお話しができて楽しかったです。Ichieさんに寄ってクリスマスケーキを予約してきたという方が3組もいらっしゃいました。すっかり塩尻のケーキ屋さんの「顔」として定着してきたようですネ。きっとクリスマスは1年で一番忙しい地獄の数日間になることでしょう。Ichieファミリーの皆さん、お体を壊さぬように・・・。

松本にできたベーグル専門店の話題もたくさん出ました。明日(15日)から正式オープンのようです。松本にもコダワリのお店が増えて来ているようでうれしいですね。もっともっと個人経営の素敵なお店が増えることを願うばかりです。
posted by jiro at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

働け!トラマルハナバチ

一昨年、初めて我が家のビワの木が実をつけました。たった5〜6個しか結実しなかったのですが、それはもううれしくて、家族みんなで一口づつかじって喜んだものでした。しかし、昨年は12月にかなり冷え込んだせいか、つぼみも開かないままのものが多く、結局は実が一つもつきませんでした。

今年も早くに雪が降ったりしましたので、半ばあきらめモードだったのですが、ここ数日の陽気で、つぼみもだいぶ開花したようです。そして、陽気にさそわれて、トラマルハナバチがせっせと蜜を集めていました。

トラマルハナバチ君たちが花粉をめしべに運んくれるから、花は実をつけることができるのです。さあ、がんばって働けヨ!トラマルハナバチ!君たちの働きで、来年ビワの実が収穫できるかが決まるんだから。

biwa0812.jpg
posted by jiro at 22:22| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

まだまだ上手くいきません。

昨日の夜に作って冷やしておいたプリン。蒸し器を使いこなすのは、なかなか難しいので、鍋で茹でる方式に変更しました。それでも簡単ではなくて、上手に固まるコツを掴むには、いろいろと試行錯誤が必要なようです。

牛乳400cc+生クリーム100g、卵黄3個と砂糖30gで作ったのですが、クリームの部分が分離してしまいました。固まり方も「ゆるい」ようですので、各材料の配合を少しずつ調整してみたいと思います。自家製パン同様に、なるべくシンプルにしたいと思いますので、生クリームはなるべく使わない方向で作っていきたいと思います。

purin0812b.jpg

ちょっとだけ食べた後で、自家製コーヒーリキュールをかけていただきます。これ、本当に美味しいんです。大人の味ですヨ。
posted by jiro at 23:22| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

模範

「ここ半年ほどパンを焼いているんですが、なかなか思うようなパンが焼けないんですヨ」なんていう話しを、当店にいらっしゃるお客様とよくしているのですが、そんな私の悩みを聞いて、いつも松川からやってきてくださるOさんが、模範となるパンを焼いてきてくださいました。

bread040812.jpg食パンは国産小麦粉と全粒粉のブレンド。しっかりした焼き色がついているのに、中は柔らかでしっとり。

丸いパンは米の粉を混ぜたゴマ入りで、中にはチーズが入っています。ほんのりと甘みがあって、後をひく美味しさです。


目指す場所があるから、人は前進する。急がなくてもいいから、ゆっくりと一歩づつ、そこへ近づければいいと思います。


.
posted by jiro at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

スピーカー譲ります

秋から冬になって、家の中にいる機会がどうしても長くなってしまいます。そうするとムズムズと「スピーカー作りたい病」の症状がでてきてしまって、いてもたってもいられなくなります。しかし!これ以上スピーカーを増やしてどうするの?という家人の非難の視線がとても痛く、どうしようもなく焦燥感だけが募る毎日であります。

仕方ないので、作ったはいいけれど全く使っていないスピーカーを2種類ほど処分することにいたしました。いつものようにネットオークションで売却してしまうのが手っ取り早いのですが、もしかしたら当店のお客様で欲しい方がいるかもしれないな〜と思いまして、お店にて販売しております。いよいよ何屋なんだかわからない状況となりつつあります。

2つとも、「箱」は私が作成したものではありません。私なんかよりもずっと木工作に精通した人がつくった箱をオークションで入手して、ユニットと端子の取り付け、配線、塗装のみを私がしたものになります。

@五角柱スピーカー
当店でも使用している「ウッドコーン・スピーカー」を取り扱っているドリームクリエーションの推奨箱を作っていらっしゃる「ウッド・ポケット」様の作品です。天板と底版は厚さ3cmのゴムの木の集成材が使われており、その他の部分も2cm厚のゴム集成材が使われていて、重量感のあるボックスです。もともは密閉箱でしたが、私が丸穴を加工して現在はバスレフ方式にしてあります。ウッドポケット様の「過去の作例」の中にこの箱の写真も載っています(小さくですが)。探してみてください。

speaker0812.jpg

ユニットはTangBandの8cmフルレンジ「W3-315SC」です。1本2,680yenのユニットです。一時期壁掛けにして使用していたこともあったため、箱にはネジ穴等が残っており、決してきれいではありません。それほど大きくないTVのサイド用にちょうど良いと思います。

Aミニタワー型スピーカー
以前ブログで紹介したこともある、現在当店で使用している細長いタイプのスピーカーです。スピーカー自作派の方の多くが参考にしているサイト「VIC's D.I.Y」に掲載された箱を、そのままコピーして作られている箱です。高さが64cmありますので、40cm前後のローボードにTVを置いてある場合に、その両側に設置するとベストマッチになるように設計されております。

1070801.jpgユニットは音質には定評のあるFostexの防磁型10cmフルレンジ「FE-107」です。1本3,730yenのユニットです。スピーカー端子は金メッキのバナナプラグ対応のものを使っていて、内部配線材も無酸化銅線です。箱は12mm厚のシナ合板でできており、木目もきれいです。こちらは市販の安物スピーカーを簡単に蹴散らすくらいの実力を十分に持っています。

両者ともユニット(ペア)の代金程度でお譲りしたいと考えています。市販のありふれたものではなくて、手作りの良さを感じてくれる人がいたら、遠慮なく声を掛けてください。しばらくは当店に展示しておきますが、誰からもお声がかからなかったら、ネットオークションに出そうと思っております。
posted by jiro at 15:55| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

切り株風です。

当店の開店5周年の際に、粗品としてお客様にビスコッティを配布させていただいたのですが、そのビスコッティを作ってくれたケーキ作りの達人であるKさんが、我が家にケーキを届けてくれました。

cake0812.jpgどっしりとしたチョコクリームとイチゴムースを、薄いスポンジケーキで巻いてあります。スポンジケーキはチョコレートで丁寧に模様が描かれており、切り株風に演出されています。細かい作業、恐れ入ります!

最近は生焼けの食パンや、スの入ったプリンだとか、私の失敗作品ばかりを食べさせられていた子供たちは大喜びで食べておりました。もちろん、私と妻も大喜びでいただいたのは言うまでもありません・・・。

Kさん、どうもご馳走さまでした!
posted by jiro at 22:01| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

経験値

ようやく「まあまあ」と呼べる内容の食パンが焼きあがるようになってきました。しっとり感が増して、柔らかさも十分な感じです。

寒い冬場に十分な発酵を得るには、ドライイーストの量を多くしないとダメなようです。低温発酵にこだわって、イーストを通常の1/4の量(500gの小麦粉に対して2.5g)にしてきましたが、冬場は4gのイーストに変更。また、発泡スチロールの箱を使った発酵は、均一な発酵になっておらず、焼き上がった時に内部に穴ができてしまったりするため、室温でじっくり発酵させた方が良い結果になることもわかりました。

たくさんの失敗作の積み重ねが、少しだけではありますが、私に「経験」という財産を与えてくれたような気がしております。

bread0812c.jpg
posted by jiro at 22:08| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

琥珀

今日も食後のデザートは自家製プリンをいただきました。相変わらず「す」の入った見た目は今ひとつのプリンですが、すべてのデザートを美味しくする魔法の液体(?)、自家製コーヒーリキュールのおかげで、贅沢な一品に仕上がっております。

珈琲豆の中でも香り高いガテマラ豆200gをガラス容器に入れます。そこに果糖をたっぷりと加えます。ひたひたになるくらいの焼酎を注いで、じっと待つこと1ヶ月半。今回はコクを少しでも高めたいと思いまして「黒糖焼酎」を使って作りました。

liqur0812.jpg薫り高き琥珀色の極上リキュール。プリンにかければ、シンプルなプリンも大人のスイーツに大変身。もちろんバニラアイスにかけても最高に美味しいデザートになります。
posted by jiro at 21:16| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。