2008年10月30日

シャコンヌの思い出

バッハの名曲の1つに「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006」という曲集があります。中でもこの曲集に収められている「パルティータ第2番ニ短調 BWV1004」は、バッハの最高作品にして、過去の全ての作曲家の作品の中でも最高傑作と評されることがある名曲「シャコンヌ」を含む楽章ととして知られています。しかし、バッハの「シャコンヌ」はその絶大な評価と裏腹に知名度が低いと言われています。私だって、この曲との思い出深い出逢いがなければ、この曲を頭にインプットすることはなかったかと思います。

私が「シャコンヌ」を初めて聴いたのは、高校時代の親友であるケンゴの演奏でした。同級生がみんな大学に進学した中、ギタリストになりたいという夢を追い続けてギターの専門学校へ進学した彼。いろんな挫折を経験しながらも、彼が行き着いたクラシック・ギターの道。大学へ行って普通のサラリーマンになった私を演奏会に招待してくれたのは、彼が築き上げた技術とプライドの集大成を披露したかったに違いないと、その時確信しました。ロックが大好きだった彼。クラシックギター専門学校の入学試験にエレキギターを持参して演奏した彼。そんな型破りなロック小僧だったケンゴが、高校卒業後数年を経て、上野の音楽ホールで私の目の前で独奏してみせたのが、他ならないバッハの「シャコンヌ」だったのです。

そんな私にとっては大変に思い出深い曲が治められた村治佳織さんの新譜。昨日のリリースと同時に買い求め、昨日からずっとお店でかけっぱなしです。いつもはジャズ一辺倒なのですが、たまにはクラシックが流れる珈琲豆屋もイイですね。

デビュー時には「女子高生クラシックギタリスト」と紹介され、以来クラシックギター界のアイドル的存在で注目されてきた村治佳織さんも、今年で三十路。アイドル的な扱いなど受けなくても、十分にその存在を示すだけの風格が備わってきた感じです。今回の新譜は、名曲「シャコンヌ」を含む、自身初の全曲バッハで固められたアルバムです。村治佳織さんと言えば、「アランフエス協奏曲」で知られるロドリーゴの作品を扱うことが多く、「スペイン」のイメージが強かったわけですが、ここへきて初のバッハ作品集のリリース。もう、貫禄十分です。

muraji0810.jpg

「KAORI MURAJI plays BACH」 初回限定版(SHM-CD)


もちろん、「シャコンヌ」などの独奏も素晴らしいのですが、前半のゲバントハウス・バッハ・オーケストラとの競演が素晴らしく、特に「チェンバロ協奏曲 第5番 ヘ短調BWV1056」の美しさは特筆もの!譜面通りに演奏できるギタリストはたくさんいるでしょう。プロフェッショナルと呼ばれるアーティスト達は、そこに感情表現などのプラスαをどれくらい演奏で表現できるかで評価されるのでしょう。このCDを聴いていると、何とも説明のしようのない深い感情に包まれてしまうのです。どちらかというとクラシックはどうも苦手な私なのですが、この作品に関しては、まるで憑かれたように聞き入っているのデス。


posted by jiro at 17:18| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

才色兼備

「現在のJAZZシーンの中から、一人だけジャズ・クイーンを挙げよ」と問われれば、誰しもが真っ先にダイアナ・クラールの名前を挙げることに異論はないはずです。頭抜けた歌唱センスと卓越したピアノテクニックとともに、美貌をも兼ね備えた、まさにクイーンの名に恥じないアーティストだと思います。

数あるCDの中から、当店でのPlay率が一番多いのは、ダイアナがメジャー・デビューを果たすことになる前の作品、カナダの「Justin Time」レーベルからリリースしたデビュー作品、「Stepping Out」です。残念ながら日本版でのリリースはありませんでしたが、大手CDショップで輸入版を購入することが可能です。

本作はダイアナのピアノに、BassとDrumsをあわせたトリオ作品。Bassをジョン・クレイトン、ドラムをジェフ・ハミルトンという素晴らしいメンバーに支えられて出来上がったCDです。この後もジョン・クレイトンとジェフ・ハミルトンとの交友は続いていき、ダイアナのライブの最高傑作である「Live in Paris」へとつながっていきます。

メジャー移籍前にリリースされたこのデビュー作品がなぜお気に入りなのか、それはダイアナのピアノ奏者としての力量がいかんなく発揮されているからに他なりません。このCDで、とにかくダイアナは弾きまくっています!ボーカルレスのトラックもあったりして、ピアノ奏者としての才能を、いち早くから見出されていたことがわかります。オープニングの「This Can't Be Love」からのグルーブ感たっぷりの演奏の連続は、あっという間にダイアナの世界に引き込まれてしまいます。かと思うと、「Body And Soul」のような名曲を、力を抜いてさらりと歌いこなしてしまうそのセンスも、後に世界をあっと言わせることになるその片鱗を、いかんなく発揮しているように思います。

diana0809.jpg

ジャケットの写真はまだまだカナダの田舎のお姉さんといった感じのダイアナ。これからどんどん美貌に磨きをかけていって、「Live in Paris」では別人のようにきれいになっています。その後はエルビス・コステロと結婚して、幸せ太りしてしまうダイアナですので(失礼!)、ダイアナの流れるようなピアノテクニックと、その美しさの両方を堪能されたい方は、ぜひともDVDでリリースされている「Live in Paris」をご鑑賞いただきたい。ほんとうにいとも軽やかにピアノを弾くそのクールな美しさに、ノックアウトされることは間違いなしです。

「ボーカリスト、ダイアナ・クラール」を前面に出すようになったメジャーレーベル移籍後のCDももちろん良いですが、やはりこのデビュー作品を超えるGroove感はありません。弾いて弾いて弾きまくる、ピアニスト、ダイアナ・クラールが誕生した素晴らしきCD、それが「Stepping Out」なのです。
posted by jiro at 18:24| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

She is coming back!

自分が初めて買ったJAZZのCD、それはマリーンの「レフト・アローン」というアルバムでした(残念ながらすでに廃盤)。バブル絶頂期の1988年のこの年、私はCDショップでアルバイトをしていて、そこで出会ったのがマリーンのCDだったのです。

80年代はフュージョンが流行した年代で、マリーンもフュージョン系のPOPSシンガーとして活躍していました。したがって、当時のマリーンは必ずしも正統派JAZZシンガーという位置付けではなかったのですが、それまでの経歴の中で、2枚だけ純粋なJAZZアルバムを発表しています。その中の1枚は、何とシェリーマン・トリオがバックを務めていて、かなり本格的な仕上がりになっていました。そして、その2枚のJAZZアルバムから数曲がピックアップされ、出来上がったベスト・アルバムが「レフト・アローン」でした。

90年代に入ると、マリーンは一線からは身を引いて、小規模なライブハウスなどで歌う他は活動らしい活動をしなくなってしまい、メジャーレーベルからのCDのリリースも途切れてしまっていたのです。

開業して、店でJAZZをかけるようになり、マリーンの「レフト・アローン」を再びCDラックから引っ張り出してきて良く聴くようになりました。圧倒的な声量と、ハスキーなままハイトーンまで伸びる声は、日本人歌手では到底真似できないであろう歌唱スタイルで、バラッドからスウィングまで、とても存在感のあるシンガーだと思います。「もうマリーンの新譜を聴くことは無いんだなあ・・・」なんて考えながらCDを聴いていたのです。

ところが、彼女は再び表舞台に帰ってきたのです。何と16年振りのメジャー・レーベルからのCDリリース!しかも、本格的なビッグバンドを従えての本格的なJAZZアルバム!いてもたってもいられなくなって、発売前からインターネットで予約してしまったのが、今日紹介させていただく「Jazz'n Out」です。

marlene0805.jpg

マリーンのバックをサポートするのは、元T-SQUAREのサックス奏者、本田雅人率いるビッグバンド「B.B.Station」。マリーンの復活だけでも嬉しいのに、今をときめく本田雅人さんとの競演となれば、これはもう言うことなしです。

スウィングの定番中の定番、「Sing Sing Sing」で始まり、マリーンのかつての大ヒット曲「It's Magic」のJAZZアレンジバージョンへと流れていくこのスピード感。16年振りの再会はこれほどまでに高揚するものかと思わせるゾクゾク感。たまらないですネ。ビッグバンド編成ということで、大音量で聴かないとツマラナイ。私は開店前の準備時間中に、心ゆくまでボリュームを上げて聴いています。

このアルバムの白眉は、間違いなく「I was born to love you」でしょう。CDのライナーノーツ中で「Queen」の曲として紹介されていて、一般的にもQueenの曲とされることが多い曲ですが、正式には、Aidsで他界したQueenのボーカリスト、フレディ・マーキュリーがソロとして発表してヒットした曲です。フレディの没後、残されたメンバーがフレディが残したボーカルトラックの上に各楽器をオーバー・ダビングして、アルバム「Made in Heaven」の中で発表したのがQueenバージョン。フレディに敬意を表して、きちんと「フレディ・マーキュリーの曲」として扱っていただきたいというのは、ちょっとばかり重箱の隅をつつくような事でありましょうか・・・

とにかく、この曲のJAZZアレンジは絶品です。SAXのソロとマリーンの声が絡み合う冒頭から、巧みにビートを変えスピード感を増して行くビッグバンドならではのゴージャスさ。そして相変わらずの天井知らずのマリーンのハスキーヴォイス。マリーンを知っている人はもちろん、マリーンを聴いたことが無い人にも絶対に聴いて欲しい、そんな珠玉の1枚です!
posted by jiro at 18:35| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

トリオの醍醐味

バーバラ・キャロルのVenus Recordsによる第一弾、「Sentimental Mood」です。

barbara0804.jpg

この作品は2005年にニューヨークのスタジオで録音されたものなのですが、この時、バーバラは78歳。現在ではもう80歳を過ぎていることになります。現在でもライブ・ハウスでバリバリにステージをこなすバーバラの元気の源、それはやはり「音楽」なのでありましょう。

私は絶対音感も持っていないですし、いろんなピアノ奏者のそれぞれの音の違いなどわかるはずもありません。でも、バーバラのピアノタッチだけは、他のピアニストと違う気がするのです。微妙にタッチが遅れるというか、タメがあるというか・・・。もしかしたら、ご高齢のせいなのかななどと思ってみたりして(とても失礼な考えでスミマセン)、バーバラが若かりし頃、50年代の作品をLPレコードで何枚か聴いてみたのですが、やはり独特のタッチを持っている気がする。とても個性を感じるバーバラのピアノなのです。

本作品にて取り上げられている曲は、ガーシュインあり、コールポーターあり、ロジャースあり、エリントンあり、素敵なJAZZスタンダードのオンパレード作品です。2曲では円熟のボーカルも披露していて、「Fly Me To The Moon」などは最高に渋い。「もっとバーバラの声が聴きたい!」という声に押されたのか、この後、ボーカルトラックばかり集めた第2弾が、Venusからリリースされております。

このアルバムから白眉を挙げろと言われれば、本作品中で唯一7分を超える「On A Clear Day」を迷わず挙げさせていただくことにします。

軽やかなタッチで始まるこの曲、バーバラが本当に楽しそうに演奏しているのが印象的です。そしてベースのジェイ・レオンハートの鼻歌交じりのソロが、それに輪をかけてHappyな気分を演出します。ドラムスのジョー・コクーゾのソロは控えめながら、タムの「パンッ」と張り詰めた音が気持ちいい。聴いていて本当に羨ましくなるほど楽しそうなのです。

高校生の頃、バンドの練習をしていて、こんなに楽しく演奏していたことがあっただろうか。どうやって目立とうだとか、いかに自分のパートのヴォリュームをこっそりと上げてやろうだとか、そんな風に自分のことばかり考えて練習していたような気がします。もしもタイム・トリップすることができるならば、もう1度あの放課後の教室に戻りたい。そして、バンドのメンバーと心ゆくまで笑いあって演奏したい。本作品を聴いていて、そんな風に思ったのでした。

トリオの醍醐味。それは3人がそれぞれ主張しつつも、他人を引き立てる術を、楽しみながら演出すること。バーバラの長きに渡る音楽人生の行き着いた境地が、「On A Clear Day」なのではないでしょうか。
posted by jiro at 16:41| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ハードバップ!

矢野沙織さんと言えば、JAZZファンならずとも知らない方はいない事でしょう。某有名化粧品メーカーのCMに自身が出演したり、ニュースステーションのタイトル曲の演奏など、大活躍中のSAX奏者、矢野沙織さんですが、本日のBGMは、そんな彼女の最新作、「Littele Tiny」です。

saori_yano0803.jpg

彼女は16歳でデビューしました。若くしてデビューした女性アーティストには、その若さとルックスが優先して実力は?という方も多いかと思うのですが、彼女の演奏スタイルは、デビュー当時から多くのJAZZファンを魅了しました。

彼女の演奏スタイルは、ハード・バップ中心。敬愛するチャーリー・パーカー等が50年代に確立したとされるスタイルで、スピード感ある旋律性のあるソロ・アドリブなどが特徴です。16歳の女子高生がそんなハードバップを自由奔放に吹きまくったのですから、日本のJAZZ界に大きな新星が現れたと騒がれたのも当然でしょう。

本作品で矢野さんと競演しているオルガン奏者のロニー・スミスが、その実力に驚嘆し、友人のルー・ドナルドソンにすぐさま電話をかけたという、彼女の実力を表すエピソードが、本作品のライナーノーツ中に書かれています。

今回の最新作でも、彼女の敬愛するチャーリー・パーカーの曲が2作収められていますが、その他にもオリジナルが2曲、荒井由美さんのカバーやPopsで取あげらることも多い「Close To You」などが収められており、バラエティに富んだ内容になっています。

低音部まで受け持つハモンド・オルガンを擁しているため、本作はベースレスでの作品になっていますが、その優しいハモンドの和音の中に炸裂する矢野さんのプレイがなんとも心地よい。前作「Groovin' High」でのビッグバンド風アプローチも面白かったですが、今作のようなシンプルな構成が、やはり彼女の演奏を引き立てるような気がします。

今回はボーナス・トラックとして、「A列車で行こう」が収められていますが、ボーカルは何と、あの美空ひばりさんです。ひばりさんが17歳の時(!)に録音したボーカルトラックに、その他の演奏をオーバーダビングしたものです。この手の「企画モノ」は、正直、あまりいらないと思うのですが、CDを聴いてみると、そのハマリ具合に思わず乗ってしまいました。今さら言うまでもないことですが、ひばりさん、これが17歳の時の録音だなんて、スゴすぎます・・・。

天才少女と謳われた2人が、本当に同世代に生まれていたら、こんな風になっていたんだろうなあと、今となっては実現しない夢のコラボレーションに、思いを馳せてしまうのでした。
posted by jiro at 15:21| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

気がつかなかった音

先日紹介させていただいた、山中千尋さんのCD「After Hours」。
これは本当に良いCDです。
気持ちいいくらい、ピアノとギターの音が空間に響き渡ります。
お店では、ほとんどの時間はこのCDをかけっ放しです。

ぽっかりとヒマな時間帯ができたので、パワーアンプを真空管アンプに切り替え、スピーカーも能率が高めのユニット、FOSTEX-FE107Eを使用したものに切り替えて大きめの音量で聞き入ってしまいました。

大きな音量でこのCDを聴いていると、新たに気がついたことありました。
私の大好きなJAZZの定番曲、「 You'd Be So Nice To Come Home To」の中盤あたりにさしかかった部分で、遠くで女性の声がしたので、あたりをキョロキョロ。

おかしいなあ、お客さんが来た気配もないしなあ、とよくよく考えて、「CDに入っている声だ」と思い当たりました。さっそくこの曲を頭から聞き直してみると、山中千尋さんのピアノがメインになっている部分に、女性の声で「スキャット」が入っている。よく聞くと話し声のようにも聞こえます。

これは霊の仕業ではなくて(笑)、JAZZのCDではけっこう耳にするシーンです。大抵のPOPSやROCKは電子楽器がメインで作られていますから、楽器から出てくる音はラインケーブルを通じて、楽器の音のみが録音されます。しかしJAZZやクラシックに関しては、アコースティック楽器が中心ですから、楽器が発した「生音」を録音します。したがって、プレイヤーが発した声とかが一緒に録音されていることがたくさんあるわけです。

クラシックの世界では、女流ピアニストのエレーヌ・グリモーの「うめき声」は有名ですし、JAZZでは先日紹介させていただいたVenus Recordsでたくさんプレイしているベーシスト、ジェイ・レオンハート。彼にいたっては、自分のソロ・パートになるとなんとも気持ち良さそうに鼻歌を歌いだすという筋金入りです。

こういうスキャットがふんだんに楽しめるのも、JAZZの面白さの一つだと思います。なかなか音量を大きくして音楽を聴ける空間を探すのは難しいかもしれませんが、そういった空間をお持ちの方は、たまには大音量でJAZZを楽しんでみてください。今まで気がつかなかったものが聞こえてくるかもしれませんヨ。
posted by jiro at 12:46| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ジャケ買い

最近では、音楽もダウンロードによる購入が増えて、CDの売り上げは減少傾向にあるとのこと。買ったばかりのLPを、大事に抱えて帰宅し、ワクワクしながら針を落としたのは、つい昨日のことのようにも思えるのですが、それはもう遥か彼方の思い出となりつつあるようです。

レコード全盛期の頃は「ジャケ買い」なるものがありました。ちょっと懐に余裕があると、聴いたこともないアーティストなのに、そのジャケットの魅力に負けてついつい買ってしまうのが「ジャケ買い」です。もちろん、レコード盤ほどの魅力は無いにせよ、CDにもジャケットはありますから、CD世代になっても「ジャケ買い」は健在です。ダウンロード世代の方には、この「ジャケ買い」の魅力はわからないでしょうね・・・。


scott0803.jpg

と、いうワケで、最近ワタシが「ジャケ買い」したのが、マリリン・スコットの「Every Time We Say Goodbye」です。お店のBGM用としてお気に入りのレーベルに、Venus Recordsがあります。Venusの素晴らしさは、その録音の素晴らしさです。全ての音がクリアで前面に出てきます。REC LEVELが高めに設定されていますので、ボリュームを絞ってもしっかり鳴ってくれますので、当店のBGM用スピーカーのように、能率の低いスピーカーで聞くにはもってこいです。小さめの音量でもベースがビシっと鳴る。それがVenusの良いところなのです。

そんなVenus Recordsの新譜は常にチェックしているのですが、購入に至るCDはごくわずかです。もちろん一部ではありますがHPで試聴ができますが、最終的な決定打は、やはり「ジャケ買い」でしょう!うつむき加減のマリリン・スコットのアンニュイな感じがとてもJAZZYな雰囲気を作りだしています。

音は全体的にwetな感じで、雨の日のBGMに合いそうです。CDタイトルにもなっている、コールポーターの「Every Time We Say Goodbye」が1曲目にクレジットされているあたり、やはり雨の日が合いそうです。この曲は大抵はCDのラストの方にもってくるアーティストが多いと思うのですが、さすがに50代後半と、年輪を重ねてきた女性シンガーの貫禄というところでしょうか。

Venusではおなじみのケン・ペプロウスキーがSAXで参加しているのですが、このSAXの音が最高にマッチしています。音ではなくて空気だけが振動する音。風切り音。それがマリリンの声と重なって、何ともいえない雰囲気を醸し出しています。「Cry Me A River」での間奏のSAXにはしびれます。

これは、当店の雨の日の定番BGMとすることにしましょう。明日、明後日は、天気予報は雨。マリリン・スコットの歌声とともに、当店の時間は流れていきそうです。
posted by jiro at 19:07| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

本日のBGM!

blogには「カテゴリ」機能がついていて、自分の投稿を各種カテゴライズして、後からそのジャンルの投稿だけを読むことができるようになっています。自分のblogは「日記」のみで投稿していたワケですが、たまには当店でかけているCDの事なんかも紹介していこうと思いまして、「本日のBGM」というカテゴリを作成しました。基本的にはJAZZ中心となるかと思いますが、お楽しみいただければ幸いです。

と、いうわけで、「本日のBGM」の記念すべき初紹介CDは、山中千尋さんの出来立てホヤホヤの新譜、当店にも本日届いたばかりのこのCDです!

chihiro0802.jpg
山中千尋
「After Hours」


今やJAZZピアノ界のクイーンとしての地位を築き上げつつある山中さんですが、現在所属しているメジャーレーベルへの移籍後は、「立ち止まったら終わり」とばかりに、アグレッシブに、前衛的に、まさに縦横無尽に弾きまくっている感が強いのですが、当店のBGM用と考えるとちょっとアグレッシブ過ぎまして、山中さんのCDをかける時は、マイナー時代(澤野商会)の3作品をかける事が多かったのが事実です。しかし!今回は昨年末に急逝したJAZZ界の大御所、オスカー・ピーターソンへのオマージュ作品ということもあってか、力を抜いて実にさらりと弾いております。お店のBGMとしてまさにうってつけのCDで、しばらくは当店のメインBGMになりそうです。

驚いたのはコール・ポーターの名作として名高い、4曲目に収録されている「 You'd Be So Nice To Come Home To」です。ギタリストのリーダー作品であるかのごとくギターが前面にフィーチャーされており、ピアノは中盤以外はごく控えめにバッキングに徹しています。使われているギターが「エレアコ」なのか、まるでギターの名手、ジム・ホールのアルバム「CONCIERTO」中での同曲を聴いているような感じすらします。このようなアプローチは今までの山中作品には無かったような気がしますので、非常に新鮮でした。

そして、特筆すべきは、その録音の良さ!今回はドラムレス作品ということで、ピアノ、ベース、ギターのみが音源であるせいでしょうか、非常に「生っぽい」音がします。まるで、そこで山中千尋さんがピアノを弾いているようです。最近の音楽はすべてコンピュータ上で作られていきますから、「生音」なんて観念はとっくに無くなってしまっているのですが、このような素晴らしい音を聴くと、「JAZZっていいナ」と改めて思うのです。
posted by jiro at 14:11| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。