2009年01月16日

blogを引越しいたします。

数日更新をしておりませんでした。すみません。実はblogを引っ越すことにいたしまして、その準備をしておりました。

「blogやってみようかなあ」なんていう軽いノリで始めてしまったので、とりあえずはお手軽にblog管理会社の提供する無料サービスを使ってblogを続けて参りました。使い勝手は悪くなかったのですが、シンプルに情報発信したいだけなのに、当店には必要のない機能がありすぎたり、自分の意図しない文字やリンクが入ったりと、どうしても妥協していた部分がありました。せっかく「toirocoffee.com」というドメインを取得しているのだから、この中でblogも運営していきたいと思った次第です。

当blogにリンクをしてくれていた皆様には申し訳ございませんが、リンク先の変更をしていただければ幸いです。新しいblogのアドレスは以下となっております。

http://www.toirocoffee.com/blog


今までは毎日の更新を心がけてきましたが、これからはのんびりやっていくつもりです。毎日見ていてくれた方、ごめんなさい。お許しを!


posted by jiro at 18:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

今月の第三金曜日は営業します。

今週の金曜日、1月16日は第三金曜日ですので、本来ならば当店の定休日ですが、今月は年始に連休させていただきましたので、営業することにいたしました。通常通りお店を開けてお待ちしております!
posted by jiro at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

戻ってきた日常

元旦からずっと、朝食にはお雑煮を食べていたのですが、今日は久しぶりのパン食。やっと日常が戻ってきたという感じです。夕食も特別なものではなくて、いつもの食卓の風景。やっぱりコレが一番落ち着くなあ。特別な日やイベントなんかではなくて、日常の中にこそ喜びを見出したいと常日ごろ思っている私です。

今日は何組かのお客様から「クリスマスのハワイコナ、美味しかったですヨ」とご感想をいただきました。うれしい一言です。その声があるから、また焼きたくなるのです。誰からもご感想をいただけなくなったら、ハワイコナを当店が取り扱うことはきっとなくなることでしょう。売って終わりの商売では何のパワーも湧き上がりませんからネ。

昨年末からの期間限定販売豆「バリ・サザンクロス」ですが、あと在庫が4kgあまり。今週末の日曜日にはなくなってしまうかもしれませんので、まだその味を未体験の方は、ぜひともお早めに味わっていただきたいと思います。次なる期間限定豆も、今から良いものを探しておりますので、早く皆様に紹介できればと思っております。
posted by jiro at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

十色珈琲の新年が始まります。

今年も自宅にて新年を迎えましたが、何か新年を迎えた気がしません。何でだろう?と考えてみたのですが、「除夜の鐘」の音を聞いていないからだと気付きました。私が育った実家の近くには永福寺というお寺があって、そのお寺の除夜の鐘を毎年聞いていました。小さい頃は氷点下の夜道を凍える思いをしながらお寺まで行って、除夜の鐘をつくための行列に並んだものです。ところが、今現在住んでいる自宅では、除夜の鐘が聞こえてこないのです。

子どもの頃は、その鐘の意味など知る由もなく、ただ巨大な鐘をつくことの面白さを楽しんでいたに過ぎません。人間に百と八つあると言われる煩悩。その煩悩から解き放たれるべく、日本人は除夜の鐘をつき、そしてその音色を聞いて新年を迎えてきたのです。

除夜の鐘の音を聞いて新年を迎える人も少なくなってきているでしょう。いろんなカウントダウンのイベントに出かける人も多いようです。NHKの「ゆく年くる年」の映像に心を洗われるような気持ちになるのは、もはや古い人間に属するのでしょう。

明日からまた当店も営業再会。ありふれた小市民の、ありふれた日常が再び始まります。そんなありふれた日常の中から、百と八つの煩悩から解脱すべく、小さな喜びや悲しみを繰り返して進んでいくのであります。

皆様のご来店を、心よりお待ちいたしております!
posted by jiro at 23:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

今年の目標

「目標」を掲げるのはあまり得意ではありません。子どもの頃から、何かの目標を立てて、それに向かってスケジュールを組むということが苦手でした。長期休みの宿題は決まって最終日。テスト勉強はいつも一夜漬け。いつでも行き当たりばったりの人生でした。

だから、今年もこれといった目標が思い当たりません。例年のように「お店を臨時休業するようなことがないこと」というしごく当たり前の目標をささやかながら掲げさせていただこうと思います。

昨年、お店を離れたプライベートでは、スピーカー作りの他に、食パンを焼いたり、段ボールを使ったベーコン作り、プリン作りなどに挑戦しました。中でも食パンに関しては、5月から3日に1回のペースで焼き続けてきました。いったいいくつの食パンを焼いたのだろう?最後まで納得のいくものができませんでしたが、パンを焼くという作業が、特別なものではなくて当たり前の流れでできるようになったのは大きな進歩です。ことしも出来る限りたくさんパンを焼いてみたいと思っています。

お店の方では、年末に紹介させていただいた「木製メジャースプーン」を気に入ってくれた方がいたことが嬉しかったです。1人で2つも購入された方が2組もいらっしゃいました。第2便も完売してしまい、現在第3便が届くのを待っている状態です。ご予約済みの方、もうちょっとお待ちください。私自身が気に入ってお店に置かせてもらったものをお客様にも気に入ってもらたというのはとてもうれしいことです。せっかくメジャースプーンを販売させていただいているのだから、今年はコーヒーの保存容器も用意しようかな?などと考えております。

とにもかくにも、今年もただひたすらに豆を焼く。その単純作業を地道に繰り返して、新鮮な珈琲豆を皆様に提供することが私の仕事です。地道に精進して参りますので、本年も何卒よろしくお願いいたします。
posted by jiro at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

簡単で難しいこと。

毎年目標に掲げること。それは店を臨時休業にするようなことがないようにすること。今年1年、何とかその目標をクリアすることができました。店をはじめてからもうすぐ6年。1年間を通じて休まずに働く。それはとても簡単で難しいこと。その当たり前の毎日を続けられることが幸せであり、誇りなのです。

世界を巻き込んだ同時不況は、その幸せや誇りを、いとも簡単に奪い去ってしまいます。瞬時に職を失ってしまう人も多いというのに、こうやって毎日働かせていただけることに感謝しなくてはなりません。

29日に今年度の営業を終えたわけですが、今日は朝からちょっとばかり豆を焼きました。常連様の数人の方が、最終日にご来店をいただいたのですが豆がすでに完売となっていて豆をお買い上げいただくことができませんでした。それでは大晦日に豆を焼きますからお届けしましょう、ということにしたワケです。すべての方にお届けすることは無理ですが、常連様が当店の近所にお住まいの方でしたので、豆をお届けすることができました。

大晦日に豆を焼いていて、あらためて日々働けることのありがたさを思いました。その単純作業の繰り返しを自分の「誇り」に、来年もまたその当たり前の日々を欠かすことのなきよう、進んでいきたいと思います。

当店を支えてくれた全ての皆様へ、今年も1年間ありがとうございました。どうか良い新年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。
posted by jiro at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

あと2日。

新年まであと2日。本来ならば「大そうじ」や「洗車」をして、新たな年を迎えようという事になるのでしょうが、私は相変わらず好きなことをやっておりまして、今日も朝からスピーカー作成の続きを。結局今日は3回塗装をしました。水性ニスはまったく臭わないので、室内で作業ができるし乾燥も速いので、1日に3回塗装などといったスケジュールも組めてしまうのです。その分、塗装皮膜が薄いと言われますが、その代わりに得られるメリットを考えると、環境にも優しい水性ニスしかこれからは使わないつもりです。

お昼ごろに年越しのための食材を買いに出かけました。昨年は大晦日にスーパーに行ったら、すでにとり肉が売り切れていて寂しい思いをしたので、それを教訓に、今年は早々に買出ししておくことに決めたのです。でも、結局、肉類の買出しは、肉屋さんまで足を延ばしました。お雑煮用のとり肉の他に「鴨肉」が欲しかったからです。明日は年越しソバをソバ打ち名人のAさんにお願いしてあるのですが、ちょっと趣向を変えて「鴨ねぎソバ」にでもしてみよう、と思い立った次第です。まあそんなこんなで、それほど豪勢な年越しをしたいわけでもないのですが、やはりいつもとは少しは違った食卓を楽しみたいと思っております。

夜の10時を過ぎてからパソコンの電源を入れてメールをチェックすると、昨日ご来店いただいた穂高の「ひつじ屋」さんをやっておられる高橋さんからメールが入っておりました。ブログで当店を紹介してくれたそうで、いやはや恐縮です。「ひつじ屋」さんと「ウサギ小屋焙煎人」ということで、何だか面白い取り合わせだと、勝手に一人おかしくなってしまった私です。高橋さんもブログに書かれておりましたが、妻が通っていた高校とすぐ近くの高校に通っていらっしゃったことが判明して、しばらくは「栃木ネタ」で盛り上がっておりました。例えば、ウチの妻は焼きソバに「じゃがいも」を入れるのですが、最近になって栃木市内の食堂がじゃがいも入り焼きソバを「栃木名物」としてPRしている話しだとか、そんな話題です。なかなか微笑ましい光景でありました。(もっとも栃木には「しもつかれ」と呼ばれる衝撃の郷土料理があるのですが、そのことはここでは詳しく述べないでおくことにしましょう(笑)・・・)

いろんな偶然や必然が重なってできていく人の「縁」。本当に不思議なものです。せっかくできたご縁を大切にさせていただくためにも、今度はぜひ我が夫婦が「ひつじ屋」さんを訪ねさせていただきたいなあ、と思っております。

posted by jiro at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

感謝

本日で、年内の営業を無事に終えることができました。今日は十分な量の珈琲豆を用意しておいたつもりでしたが、夕方の5時ごろには、すべての豆が完売してしまい、あわててシグリを追加焙煎しました。それでも、閉店間際にいっらっしゃったお客様の分が用意できませんでした。反省です。欲しい種類の豆が購入できなかったお客様も含めて、心よりお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。来年はもっと十分な量を用意して、皆様が無事に珈琲とともに年末年始を過ごせるようにしなければと思っております。

夕食後は、今年の1つのパターンとなった、食パンを焼きました。パン型に生地がくっつかないようにいつもはバターを塗るのですが、今日は試しにオリーブ油を塗ってみたのですがこれが大失敗。パンは見事に型にくっついてしまい、型からはずすときにボロボロな状態になってしまいました。1年を締めくくる最後の作品がこんな仕上がりで、ちょっとへこんだのですが、また1つ経験値が上がったと思って、来年の成長につなげたいと思います。

パンを焼いた後はスピーカー作りの続きを。内部配線と吸音材の充填。本当は一番最後におこなう工程なのですが、5cmユニット用の穴は小さすぎて、あとから吸音材を詰めることはできませんので、箱を完全に閉じてしまう前に吸音材をつめて、箱の最後の1枚(今回は天井部分)を木工ボンドで接着しました。明日はサンダーがけと2回目の塗装、夜に3度目の塗装をおこなう予定です。何とか年内に完成できそうかな?

たくさんのお客さんとお話しして、パンを焼いて、スピーカーを作る。何だか今年1年を凝縮したような1日でした。気がついたら日付けが変ってしまいましたので、今日はそろそろこの辺で。

今年も1年間、当店を愛してくれた皆様に感謝です。来年は1月4日からの営業になります。何卒よろしくお願いいたします。
posted by jiro at 23:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

明日は年内最終営業日です。

明日、12/29(月)が当店の当年最終営業日となります。明日は一部販売しない豆がありますがご了承ください。

毎年恒例なのですが、この時期になると皆さんとお雑煮談義をするのが私の楽しみの1つです。土地土地で異なる食文化の何と面白いこと!日本全国を旅行して、雑煮を食べ歩くなんていうのができたらいいのにと思います。美味しいお雑煮をご存知の方は、ぜひとも教えてください。

お餅を今でも自分の家でついているご家庭はどれくらいあるのでしょうか。私の実家でもじいちゃん、ばあちゃんがいた頃は家で切餅をつくって、正月を迎えておりましたが、2人が他界してからは、もっぱらスーパーで売っている切餅を買ってくるようになってしまいました。残念なことです。また自分たちでついたお餅でお正月を迎えたいなと、最近思うようになってきました。せっかくの伝統ある日本の文化なのですから、大切にしたいものですね。

とは言え、おせちもお雑煮も良いですが、美味しい珈琲抜きでは新年を迎えることはできません。明日はそんな皆様のご来店をお待ちいたしております!
posted by jiro at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

いよいよ年末。

今日で仕事納めという方も多かった様で、当店にいらっしゃったお客さまとの挨拶も「良いお年を」という一言が必ず入りました。

配達先のお店の方達とも同様に「良いお年を」なんて挨拶させていただいていると、何だか寂しくなってきます。ああ、今年も1年が過ぎてしまうんだなあと思うと、相変わらずの日々に身を任せ、大した前進なく月日が過ぎていってしまうことに、何だか焦りにも似た感覚が湧き上がるのです。

当店は明日は土曜日ですので定休日となりますが、28(日)と29(月)は通常通り営業いたします。年末年始に珈琲豆がない!なんて事にならないようにしてくださいネ。最終日は焼く豆の種類を制限しますので、全種類の豆を用意することができませんので、その点ご了承いただきたく存じます。

30日(火)から1/3(土)までお休みをいただいて、1/4(日)の10:30から新年の営業を始めさせていただきます。
posted by jiro at 22:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

木製メジャースプン展示しました。

塩尻市在住の木製食器作家、酒井邦芳さんの作品「コーヒー・メジャースプーン」を、当店のカウンターに展示いたしました。同時に在庫が何本か確保できましたので、ご興味のある方は、ぜひともご覧になっていってください。

spoon0812b.jpg

我が家でも使っておりますが、一度使いはじめると、コーヒーを淹れるのが毎回楽しみになること請け合いですヨ!
posted by jiro at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

メジャー・スプーン完売です

木/漆工房の酒井邦芳さんの手作りメジャースプーン、blogにUpして1日で完売してしまいました。

今回は3つのみの入荷でしたが、全部で10個ほどお願いしてございますので、残り分が後から入荷してくる予定です。また当店で用意ができましたら当blogでお知らせいたします。

通りすがりの方たちがぶらりと入るような店ではなくて、常連様に支えられている当店ですので、常にこのようなスプーンが売れるとは考えられませんが、後から入荷してくる分もすぐに売れてしまうようでしたら、更なる追加を酒井さんにはお願いしたいと考えております。
posted by jiro at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

その素晴らしきもの。

以前に当blogで紹介した、手作りのコーヒー・メジャースプーン、無理をお願いして3つほど作っていただきました!一つ一つ手作りされた逸品ですので、実物を見ていただければ、その素晴らしさがすぐに伝わってきます。

こんな素晴らしいスプーンを作ってくれた、肝心の作者様の紹介をするのを失念しておりました。詳細はご本人様のHPをご覧ください。

・木/漆工房 酒井邦芳


こちらに作品の数々が載っておりますが、そのスプーンの曲線美は思わずタメ息が出てしまいそう・・・。基本的には漆塗りがご本業ですので、その作品はなかなか「良い」お値段です。結果としてやはり購買層の中心は東京のお客様なのだとか。う〜ん、もったいない。せっかく地元の塩尻に、こんなに素晴らしい作品を作られる方がいらっしゃるのだから、松本平のお客様に広く紹介したいですね。

今回のスプーンは、以前お話しさせていただきましたように、無塗装の無垢材です。したがってお値段は相当にリーズナブルに仕上げていただきました。このスプーン、正直に申し上げますと、定価2,000円です。何とかがんばって、当店での販売価格は、1,800円に決定です!

spoon0811.jpg

当面は3つだけしかございませんので、店内での展示はいたしません。当blogをご覧になってご興味を持たれた方は遠慮なくお声をかけてください。実物をお見せいたします。しばらくしても、どなたからも声がかからなかったら、店内展示での販売に切り替えます。

たかがスプーン、されどスプーン。
その木の温もりの優しさをわかっていただける方に、ぜひとも見ていただければと思います。
posted by jiro at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

庭のギャング

昨日、我が家の庭のビワの木が花をつけていることを書きました。トラマルハナバチがせっせと受粉に貢献してくれていて、これなら実をつけてくれるかな?と期待しているワケでありますが、心配なこともあります。それは、ヒヨドリがビワの花を食べてしまうことです。

昨年まではあまり見かけなかったヒヨドリが、今年はどういうわけか、我が家の庭付近の電線にたくさんとまっているようになり、隙を見ては庭に舞い降りて、いろんな木の花を食べてしまうのです。花だけではなくて実も食べてしまいますし、なるほど「庭のギャング」の異名をとる鳥だけのことはあります。

ナナカマドの実も、ヒヨドリ達の格好の標的になっています。

nanakamado0812.jpg

今日もたくさんのお客さんといろいろなお話しができて楽しかったです。Ichieさんに寄ってクリスマスケーキを予約してきたという方が3組もいらっしゃいました。すっかり塩尻のケーキ屋さんの「顔」として定着してきたようですネ。きっとクリスマスは1年で一番忙しい地獄の数日間になることでしょう。Ichieファミリーの皆さん、お体を壊さぬように・・・。

松本にできたベーグル専門店の話題もたくさん出ました。明日(15日)から正式オープンのようです。松本にもコダワリのお店が増えて来ているようでうれしいですね。もっともっと個人経営の素敵なお店が増えることを願うばかりです。
posted by jiro at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

模範

「ここ半年ほどパンを焼いているんですが、なかなか思うようなパンが焼けないんですヨ」なんていう話しを、当店にいらっしゃるお客様とよくしているのですが、そんな私の悩みを聞いて、いつも松川からやってきてくださるOさんが、模範となるパンを焼いてきてくださいました。

bread040812.jpg食パンは国産小麦粉と全粒粉のブレンド。しっかりした焼き色がついているのに、中は柔らかでしっとり。

丸いパンは米の粉を混ぜたゴマ入りで、中にはチーズが入っています。ほんのりと甘みがあって、後をひく美味しさです。


目指す場所があるから、人は前進する。急がなくてもいいから、ゆっくりと一歩づつ、そこへ近づければいいと思います。


.
posted by jiro at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

NELSMとは?

今日もNELSMさんから、とある動物のフィギュアを一匹連れて帰りました。キリンの親子の足元で遊んでいますので、当店にお越しの際は探してみてください。

お客様から「NELSMさんって何のお店ですか?」というご質問をよく受けます。一言で言うなら、不動産、建築に関するマネージメントをおこなっているカガミグループさんが経営するアンテナショップです。「寝る」と「住む」をプロデュースするからNELSM。面白いですネ。

1Fは雑貨屋さんと表現した方が手っ取り早いのですが、こだわったものばかり集めてあるので、見ていて飽きません。家具なんかも置いてありますが、家具職人さんの製作したものが、割とお手ごろな価格だったりして、ヘタな専門店よりも良いものが置いてあります。そんな小物なんかをチラっと見て、カフェでくつろいで行くも良し、家に関する相談をしてみるも良し、そんなお店です。

先日お伺いした時に、店内を撮影させていただきましたので、実際の様子を見ていただく方が手っ取り早いですね。写真は1Fの様子。今回は2Fの様子は撮影しておりません。

nelsm0811a.jpg

駐車場はちょっとわかりずらいですが、お店の脇を抜けた先に、数台の車を停められるスペースがありますので、ご安心を。何か面白いモノを見つけてみたいな〜と思った方は、ぜひとも1度、足を運んでみてください。

nelsm0811b.jpg

posted by jiro at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ハチドリとの出会い

先週から新たに取り扱いをさせていただいております「ブラジル・ハミングバード」おかげ様で好評をいただいております。ハミングバード(ハチドリ)には、ちょっとした思い入れがあって、今回はこのブラジル豆を取り扱うことに決めた次第です。

私が1994年〜2000年まで在籍していた外資系のソフトウェアの会社は、本社がカリフォルニアのシリコンバレーにあります。私は営業部所属の技術者でして、お客様に製品のプレゼンテーションをしたり、クレームに対するサポートをしたり、ある時はコンサルタントとしてお客様のオフィスに常駐して、システムの設計、運用を支援する立場でした。赤坂にあった日本支社ではソフトウェアの開発はおこなっておらず、開発はアメリカの本社でのみおこなわれていました。そのため、お客様から「新規の機能を取り入れて欲しい」とか「最新の機能の開発をおこなったエンジニアの話しを直接聞いてみたい」などのご要望があった場合、営業担当とタッグを組んで、アメリカ本社へお客様を案内することが何回かありました。

大体2日もあれば予定していたスケジュールはこなしてしまうのですが、あまり意味のないミーティングを無理やりに現地でセッティングしたりして、1日くらい余分に滞在して、こっそりと(?)観光したりする悪い従業員なのでした。その時の出張も丸々1日ぽっかりとスケジュールが空いた(空けておいた?)日ができまして、一緒に出張した上司と「ちょっと遠出しよう」ということになったのです。

ゴルフ好きな上司の提案で、レンタカーを駆って向かった先は、モントレーにあるゴルフの名門「ペブルビーチ」。モントレーにたくさん生息するラッコ君たちを見て、フィッシャーマンズワーフでクラムチャウダーやエビのカクテルを食べたりした後、海沿いのドライビングコース「17マイルドライブ」をドライブして、お目当てのペブルビーチへと向かいました。

緑豊かな駐車場にレンタカーを停め、ゲストハウスの方へのんびりと歩き出したその時、きれいに管理されている花壇の花にいる「それ」を見つけたのです。一生懸命に羽ばたきをして空中で静止する「ホバリング」をしながら花の蜜を吸っているハチドリの姿でした。それが私とハチドリの初めてにして、人生で一度だけの出会いなのです。

実は、当店の開店準備をしている時に、いろんな店名を考えたのですが、最後まで残った2つの店名候補が「十色珈琲」と「ハミングバードコーヒー」でした。何かシンボルマークにできるようなキャッチーな名前が欲しいという私の考えに、あの時にみた「ハチドリ」の姿が思い浮かんだからです。しかし、コーヒー店ではないにしても「ハミングバード」という名前の企業は結構な数が存在しておりましたし、ハミングバードのドメインも空いていなかった(当たり前ですね)ので、もう一つの候補である「十色珈琲」に決定しました。こちらは「日本語表記にしても、カタカナ表記にしても、面白みのある言葉」という発想から考え付いた名前です。今でも「トイロコーヒーってフランス語ですか?」なんて聞かれることがあります。「十色」と表記すればすぐわかるんですけれどもね。こんな質問をお受けした時は、まさに狙い通りで嬉しくなったりします。

そんな思い入れがあるハミングバード。生豆が入ってくる麻袋は、きっとハチドリの絵と「Hummingbird」っていうロゴが入ったカッコイイ袋に違いない!と期待していたのですが・・・

hachidori0811.jpgハチドリの絵は「お約束」だったワケですが、印字されているロゴは「hachidori wataru」。「なんでブラジル出荷の麻袋にローマ字なんやねん!」と、思わず一人ツッコミをしてしまった私です。「しかもどこへ渡るねん!」と、2度ツッコミしてしまいました。きっと日本の商社と契約できたことを嬉しく思った農園主は、ここぞとばかりにローマ字でハチドリと印字したのでしょうか。まあここは、美味しい珈琲豆ですので良しとしましょう。

(注1)
ハチドリはアメリカ西海岸では一般的に見られるそうで、家庭の庭先などに普通に飛んでいるそうです。うらやましいですね。

(注2)
私が在籍してい会社の本社はコンピューターのハードディスクを模した、なかなか変った形のビル群で構成されております。ロビンウィリアムズ主演の「アンドリューNDR114」という映画の中で、家事ロボットのアンドリューを製造した会社のロケ地としても使用されました。映画もなかなか感動する超B級映画(笑)ですので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。(DVD化されております)
posted by jiro at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

紹介します。

先日、配達のついでにNELSMさんから連れて帰った動物。それは首のなが〜い親子でした。

kirin0811.jpg
すごく可愛いでしょう?私が全種類の動物を集めたいっ!って思うのもわかっていただけるハズです。お店にきたら、ぜひとも見ていってください。











.
posted by jiro at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

ベーグルサンド再び!

NELSMさんの1日10個限定のベーグルサンド、熱いリクエストにお応えして、11/28(Fri),11/29(Sat)の2日間、再び登場だそうです!

なぜ1日10個限定かというと、staffのKさんの手作りだから。ベーグルにそっと押された焼印は、Kさんによって丁寧に手作りされた証しなのデス。ナイショの話しをさせていただきますと、このベーグル、隠し味にちょっとばかりの味噌を加えるのだとか。ベーグルに味噌ですよっ、味噌!なんとまあ奥深い世界なのでありましょう。

前回都合が合わなかった方、この機会をお見逃しなく。かく言う私も、前回は食することができませんでしたので、今回のチャンスを狙っている一人であります。厳しい争奪戦になりそうな予感・・・。

snow0811.jpg

しかし今日は寒い。まさか雪が降るとは思いませんでした。もうすぐ師走。いつの間にか、雪が降ってもおかしくない時期になっていたのですね。
posted by jiro at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

友よ、ありがとう!

今日は勤労感謝の日の振り替え休日。皆さん、日ごろの勤労に感謝しつつ、じっくりと休むことができたでしょうか?せかっくの連休ということで、ちょっと遠出された方も多いかと思います。

当店にも遠方からはるばるやってきてくれたお客様が・・・。大学時代の友人N君は、家族で千葉から安曇野に遊びに来た道中に立ち寄ってくれました。わざわざ貴重な時間を割いて会いにきてくれて、とても嬉しく、そして楽しいひと時を過ごさせていただきました。

私なんか足元にも及ばないくらい、いろんなモノにはコダワリを持つN君。前回来店してくれた時に、お店にあるレコードプレーヤを見てプレーヤ談義に花が咲いたのですが、今回はN君がコレクションしていたカートリッジをお土産に持ってきてくれました。これは嬉しかったですね〜。ありがとう!

cartrige0811.jpg

「ADC TRX-2」というMMカートリッジ。80年代後半まではたくさんあったカートリッジメーカーも、今では数えるほどになってしまいました。レコードプレーヤーの針を替えて音の違いを楽しむなんていう道楽は、もはや若い人たちには到底理解してもらえそうもない、いかにもマニアックな趣味となってしまいました。

iPodのデジタルな音も素晴らしい。でも、ビニール盤と繊細な針先が奏でるハーモニーを聞きながら珈琲を飲む、そんな至福のひと時は、やはりアナログならではの味わいなのであります。
posted by jiro at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。