2008年05月27日

とりハム

hamu0805.jpg夜、パンを焼いていると、「発酵」や「焼き」の行程の中で生じる「待ち時間」を持て余してしまいます。オーブンに入れてお風呂に入ると、ちょうどお風呂から出てきたタイミングでパンが焼きあがりますので、「焼き」の行程は良いのですが、「発酵」を待っている時間が長い。TVを観ていても時間が気になるし、他の部屋へ行って何か始めてしまったら、発酵中だということを忘れてしまいそうだし・・・

そういうわけで昨夜は、1次発酵を待っている間に「とりハム」を作りました。とりのムネ肉2枚を、2日ほど前に、塩・コショウ・砂糖を適量すりつけて、密封して冷蔵庫で寝かせておきます。2日経過したら冷蔵庫から出して、簡単に水洗いしてから1時間ほど流水にさらして塩抜きします。

塩抜きが終わったら、2枚のムネ肉を重ねるようにして、木綿糸で形を整えるように縛ります。それをさらにラップで包んで、両端をきつくしばり、さらにぐるぐると巻きつけて縛ります。今回はハーブ味のハムに仕上げたかったので、乾燥バジルをちょっと降りかけておきました。

ラップに包んだ状態のまま、70℃程度のお湯で、30分〜40分程度茹でます。高い温度で茹でると身が固くなってしまいますので、できれば温度計を用いて70℃〜75℃を保つのが良いのですが、なければ一番弱火にしておけば良いかと思います。茹で上がったらラップをはずして、あら熱がとれたら、冷蔵庫で1晩寝かせます。

「冷蔵庫に出来上がったハムを入れておくから、明日の朝食に出してね」と妻に伝えておきました。今朝の朝食は、自家製とりハムとレタスのサラダと、自家製食パンのトーストと相成りました。


posted by jiro at 17:48| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。