2008年05月21日

フウロソウ

furo0805.jpg
フウロソウはとても繁殖力が強く、毎年庭のあこらこちらから生えて来ます。これだけ繁殖力が強ければ、庭から絶えてしまうこともないだろうと、気に入らない場所から生えて来たものは抜いてしまっています。

本当にちょっとの土さえあれば種子が育ちますので、レンガとレンガの間だとか、コンクリの隅っこだとか、岩のひび割れだとか、そういった場所でも育ちます。そういう岩場やコンクリの隅から生えて来たフウロソウは、なんとなく風情があり、抜かずにそのままにしておくことが多いです。

日が良くあたる場所ではグリーンの葉も、日陰で育ったものは赤く紅葉しており、そのコントラストがまたきれいなのです。大きな花をつけるわけでもなく、あまり目立たない植物ですが、岩場を彩ってくれる大切なヤツなのです。


posted by jiro at 17:58| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。