2008年05月18日

新たなコーヒーカップ

昨日は、義父の7回忌の法要がありましたので、妻の実家がある栃木県の小山市まで行ってきました。法要と昼食を済ませてから、帰路に着くまでに、3時間ほど時間が空いておりましたので、益子町まで足を延ばしてきました。

益子町まで行ったのは、益子焼きのコーヒーカップが欲しかったからです。現在、当店で使用している試飲用のカップは、妻が6年前に益子で購入してきたものです。その質感が大変気に入っていて、できれば同じものを・・・ということで、今回、益子町を再訪したのです。


mashiko0805.jpg

6年前と同じ陶器屋さんで、同じ作者の作品がありましたので、迷わずにそれを購入してきました。今使用しているカップはどちらかというと女性的。今回のはエッジが効いたデザインで、重量感も増して、どちらかというと男性的なカップです。

1人の人間の手から作り出されるその機能美は、それを使う人間の心までも美しくしてくれるような気がします。


posted by jiro at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。