2008年05月12日

先週の成果

先週は4つもパンを焼き、その合間を縫って自宅TVサイド用のスピーカーBOXを仕上げたりと、お店が終わってからが結構忙しくて、さすがにちょっと疲れました。今週はまったりとした夜を楽しみたいと思います。もっともパン作りはもうしばらく続きそうですが・・・。

先週仕上げたスピーカーBOXです。いつもはカットしてもらった板材を組むところから始めますが、今回は予算とやる気の問題で、インターネットオークションにて中古BOXを探してみました。かなり安い値段で仕入れたのはいいけれど、元オーナーの仕上げは今ひとつで、結局、無垢板特有の割れや、余分に開けられていた不要なビス穴などをパテ埋めしたり、ニスを3回塗りしたりして、かなりの手間がかかってしまいました。コスト面では安く作れたのでヨシとしましょう。

BOXはオークの無垢材を利用した立派なものです。板厚はなんと30mmもあって、大きさのわりにはかなり重量級。市販されているメーカー製では、こんな仕様のBOXはまずできないでしょう。自作ならではの面白さです。セットしたスピーカーユニットは、お店で使っているウッドコーンの10cmバージョン。PARC AudioのDCU-F121Wというユニットです。

PARC AudioのHPで公表されている推奨BOXの容積と、今回用意したBOXの容積はほぼ同一。ただし、バスレフダクトの開口面積等がだいぶ異なりましたので、5mmm厚のアガチス集成材を切り出して、バスレフ部に挿入して開口面積を小さくするなどの修正をおこないました。オークの無垢板と、ウッドコーンの木目がきれいに調和して、いい感じに仕上がったと思います。肝心の音は、もちろん素晴らしいです!8cmのユニットとは次元が違う鳴りっぷりが楽しめます。

speaker0805.jpg

上の小さいBOXは、当店のお客様用に作成している途中のBOXです。板材からの組み上げは完了していますので、サンディング、ニス塗り、ユニット装着を経て完成となります。こちらは丁寧に時間を掛けて、夏頃までに完成させる予定でいます。Sさん、楽しみにしていてくださいネ!


posted by jiro at 17:58| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。