2008年05月02日

花と蕾と

オダマキは繁殖力が強いようで、数株植えておいたものが、今では庭のいたるところで成長しています。ただ、株にも寿命があるようなので、古いものは段々と花をつけなくなってしまいます。ですから、増えてきたからといって、やたらに株を処分したりしてしまうと、きれいに花をつける株がなくなったりしてしまいますので要注意。よほど変な場所で成長してしまうような場合以外は、放任しておくのがよろしいようです。

花はもちろん美しいですが、山野草には、蕾を楽しめるものがたくさんあります。オダマキもその中の1つでしょう。花が開く前の釣鐘状の蕾は、ピスタチオみたいな感じもして、なんとも神秘的な感じがします。

odamaki0805.jpg


明日はゴールデンウィーク中唯一の当店のお休みです。ベーコンのスモーク、製作途中のスピーカーのサンディングをしなくてはならないし、食パンの焼き型も探しに行きたいと思っています。貴重な休日。ぎゅうぎゅうに詰め込んで、思いっきり楽しみますヨ!


posted by jiro at 18:51| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。