2008年01月24日

自業自得

インターネットでニュース・チェックをしていて、気になるニュースが目に留まりました。それは「マグロから高水準の水銀」というものです。

以前から妊婦はマグロを食べてはいけないとか言われておりましたが、いよいよ通常の成人男性の健康も脅かすほどの水銀含有率になってきたのかと思うと、地球上で起こっている様々な異変は、大気や地上の自然だけにとどまらず、海の中にまでも侵食していることに愕然とします。

どんな魚も体内に水銀を蓄積していくのですが、小さな魚を大型の魚が食べるという食物連鎖によって、大型の魚ほど水銀を蓄えていると言われます。しかも脂質部分に多く含有されているとのことで、日本人の大好物である「トロ」などは、一番気を付けなければいけない部位の1つでしょう。

人間は、幸か不幸か、地球上の食物連鎖の最上位にいます。その人間が地球を汚し、その結果、その汚れた食物を口にしているのですから、何とも悲しい結末です。

「トロ」を食べなければいい・・・というような簡単は話しではありません。突き詰めていくと、海の生物は全て危険ということなのですから。それでは海の生物を食べなければいいかというと、これもまた安心できる状況ではありません。BSEや鳥インフルエンザ騒ぎもあれば、基準を超える農薬が検出されたなどというニュースは日常茶飯事。外で購入する食材は添加物まみれ・・・

現代社会に生きている我々は、このまま死んでゆくから良いのです。生物は、体内の毒を卵(または赤子)に蓄えて排出すると言われています。つまり、蓄えた様々な毒は、自分たちの子孫へと蓄積されていくのです。何だか、やりきれないですね・・・


posted by jiro at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。