2007年12月20日

ハワイコナ

本日、ハワイコナを焙煎しました。
まずは、この生豆をご覧あれ!

kona0712.jpg

粒は見事にそろっていて、不良豆の混入はほとんどありません。色艶も良く、焼いた後も”焼きムラ”はほとんどありません。水分の含有量が揃っている良質な豆の証しです。

焙煎を終え、6時間ほど待ってから待望のカップテスト。私自身、1年ぶりにハワイコナを味わいます。・・・やっぱり美味しい!ガテマラの香りはカカオに例えられますが、ハイイコナの口に拡がる余韻は、青リンゴやフルーツを連想させるフローラルな味わいです。

ハワイ土産でハワイコナをもらったけれど、美味しくなかった・・・。良く聞く話しです。どんないい素材だって新鮮でなければ意味がありません。焼きたてのハワイコナ、それを口にできた時、この商売をしていて良かったと思う瞬間です。

良質の酸味を持つハワイコナは、焙煎してから味の熟成が進み、3〜4日経過した頃が甘みも強くなって美味しいです。ご予約をいただいている皆さんの分は、明日の朝焙煎したものをバルブ付きの袋にパッキングして取り置きしておきます。ちょうど24日のクリスマス・イブに飲み頃になるはずです。明日からお渡しできますからね!お楽しみに!

ご予約分を除くと、店頭で販売できるのは3kg〜4kgくらいの予定です。今からでもご連絡いただければ、取り置き可能です。


posted by jiro at 21:08| 珈琲豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。