2007年12月18日

未来を思う

ガス屋さんがポストに伝票を入れていきました。
そこには領収書兼請求書とともに、一枚の紙切れが入っていました。
その内容はというと・・・
「次回検針分より、1立方メートルあたり60円の値上げをさせていただきます」

一日中ガスを使う商売ではないといえ、ガス焙煎機を使用している当店には、少なからず影響があります。いったい、このエネルギーショックはいつまで続くのでしょう。

そんなことがきっかけで、近い将来のことを考えていたら、何だかブルーになってきてしまいました。少なくとも今の地球環境を考えると、私たち人類に明るい未来が待っているとは、到底思えません。

明るい未来のために、自分には何ができるのだろう?


posted by jiro at 20:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。