2009年01月06日

シャコバサボテン

冬は庭の山野草も楽しめず、花をつける木もなくて、まったくもって寂しい限りです。そんな中、屋内で育てているシャコバサボテンの花は、冬の数少ない楽しみの1つです。

最近まで「カニバサボテン」だと思っていたのですが、葉の先端が尖っているものは「シャコバサボテン」と言うのだと、つい最近知りました。カニやらシャコやら、なんか花の名前としては美しくない気がするのですが、もっと気の利いた名前を考えてあげられなかったものでしょうか・・・。

kanisabo0901.JPG


posted by jiro at 21:19| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。