2008年12月31日

簡単で難しいこと。

毎年目標に掲げること。それは店を臨時休業にするようなことがないようにすること。今年1年、何とかその目標をクリアすることができました。店をはじめてからもうすぐ6年。1年間を通じて休まずに働く。それはとても簡単で難しいこと。その当たり前の毎日を続けられることが幸せであり、誇りなのです。

世界を巻き込んだ同時不況は、その幸せや誇りを、いとも簡単に奪い去ってしまいます。瞬時に職を失ってしまう人も多いというのに、こうやって毎日働かせていただけることに感謝しなくてはなりません。

29日に今年度の営業を終えたわけですが、今日は朝からちょっとばかり豆を焼きました。常連様の数人の方が、最終日にご来店をいただいたのですが豆がすでに完売となっていて豆をお買い上げいただくことができませんでした。それでは大晦日に豆を焼きますからお届けしましょう、ということにしたワケです。すべての方にお届けすることは無理ですが、常連様が当店の近所にお住まいの方でしたので、豆をお届けすることができました。

大晦日に豆を焼いていて、あらためて日々働けることのありがたさを思いました。その単純作業の繰り返しを自分の「誇り」に、来年もまたその当たり前の日々を欠かすことのなきよう、進んでいきたいと思います。

当店を支えてくれた全ての皆様へ、今年も1年間ありがとうございました。どうか良い新年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。


posted by jiro at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。