2008年11月09日

道具

今日は冷え込みましたね。暦の「立冬」を過ぎた途端にこの気候。本当に昔の人々が考えた日本の暦は良くできております。今週はずっと寒い日が続きそうですから、風邪などひかないように注意したいものです。

スピーカー作成が進んでおります。一番難しいのは木材を正確にカットすることなのですが、私の場合は、図面をFAXして専門の業者さんにカットしてもらっておりますので、この時点でスピーカー作りの半分以上の工程は終わってしまっているといっていいでしょう。あとは木材を接着していくだけで、一応形にはなるのですが、この簡単な作業も意外と難しいものなのです。

普通の木工であれば、接着剤がはみ出すのを警戒して、接着剤はなるべく少なめに使うかと思いますが、スピーカー作成の大きなポイントは「いかに音漏れをなくすか」ということ。木材と木材が隙間無く接着できるように、木工用ボンドをたっぷりつけて接着します。そうするとボンドがあふれてきますので、それを濡れ雑巾できれいにふき取ります。すぐにふき取らないと、固くなってからでは取るのが難しくなりますし、塗装が乗らなくなってしまいます。

mini_spkr0811.jpg

きっちりと接着させるには、クランプとかハタガネといった締め付け工具が必須です。接着の工程が終わったら、サンダーがけをします。粗目のヤスリから、段々に細目のヤスリに変えて仕上げていきます。そこまで終わって、ようやく塗装工程に入ります。


posted by jiro at 21:46| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。