2008年09月30日

秋の香り

昼食を食べるため店番を妻と交代して自宅へ入り、換気のために窓を開けたら、その瞬間、とてもいい香りが流れ込んできました。それがキンモクセイの香りであると、すぐに気がつきました。毎年変わらぬ香りを届けてくれるキンモクセイに感謝です。

kinmokusei0809.jpg

私は芳香剤の科学的に作られた香りがどうも苦手です。家にも、車にも芳香剤は置いてありません。我が家のトイレの芳香剤は、淹れ終わったコーヒーのカスをフィルターごと乾燥させて置いてあります。そんなワケで、店でも家でも珈琲の香りに包まれて生活しているのです。


posted by jiro at 17:12| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。