2008年09月22日

温度差アレルギー?

今朝は冷え込みました。窓を開けると寒いくらいです。それでもいつものように半袖のTシャツを着込んで、店で焙煎を開始しました。今日は5種類の豆を焼きましたので、店の室温が上昇。そして焙煎が終わると今度は室温が下がります。別に普通の人ならば何でもないことなのですが、自称「温度差アレルギー」の私は、こういう状況下では、アレルギー症状が現れるのです・・・。

開店直後にいらっしゃったお客様と会話していて、鼻炎の薬を飲みたいのだけれど眠くなって頭もシャキッとしなくなるから我慢していると話したら、「薬を包丁で半分にカットして服用するといいヨ」と教えてくれました。そうか、その手があったか。今までは1錠の薬は1錠で飲むことしか考えていませんでした。早速鼻炎の薬を半分にカットして飲んでみました。これが結構よろしいようで、多少はボーっとしますが、いつものような強烈な眠気も襲ってきませんし、口の中が乾いてカラカラになることもありません。薬代の節約にもなって経済的?これからはこの方法でいきたいと思います。

昼ごろ妻が買い物に出かけました。そして、そもそも今朝のような冷え込んだ朝に、半袖のTシャツなんかを着てしまう無頓着さがダメなのヨ!と言わんばかりに、長袖のシャツを2つほど買ってきてくれました。私は自分の身につけるものを妻に買わせる習慣はないので、普段、妻が私の服を見立てることはないのですが、さすがにその無頓着さに業を煮やしたようです。それでも、明るい色を好んで着ない私の傾向を熟知しているようで、黒のシャツとグレーのシャツを購入してきました。今日は素直に「ありがとう」と言っておくことにいたしましょう。


posted by jiro at 18:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。