2008年09月19日

ROCK!

夏休みに子どもたちと「崖の上のポニョ」を観てきたのですが、今回の宮崎作品は小学生くらいに的を絞って作られたようで、私と妻は少々モノ足りなさを感じておりました。もうちょっと大人向けの映画が観たいな・・・ということで、今日は第三金曜日でお店はお休みですので、妻と2人で映画館に足を運んできました。

本日観て来た映画は、「20世紀少年」
「YAWARA」の作者としても有名な、浦沢直樹さん原作の同名のコミックを映画化したものです。私は原作のコミックは読んだことが無かったのですが、映画を観終わってからパンフレットを見たら、この原作は8年に及ぶ連載の長編で、諸外国でも高い評価を得ていて、いろんな賞をもらっているんですね。全然知りませんでした。

いやあ、これは本当に面白い映画でした。ぜひとも映画館で観て頂きたいのでストーリーは割愛しますが、昭和30年代後半から昭和40年代前半くらいに生まれた方は、まさにこの映画の時代背景にピッタリとマッチしますので、余計に面白く感じられるハズです。かく言う私も昭和41年生まれですので、映画のいろんなシーンを懐かしく観させていただくことができて楽しかったです。

唐沢寿明さん演じる主人公が、エレキギターを引っ張り出してきて、大音量で演奏するシーンがあります。なかなかカッコ良かったです。で、久しぶりにワタシもフェンダーのテレキャスター(ただし日本製)を引っ張り出してきました。

telecas0809.jpg


posted by jiro at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。