2008年08月20日

ホトトギス

ホトトギスの花が咲きだしました。我が家の庭の山野草のほとんどが、春から初夏に花をつける中で、ホトトギスだけは晩夏から秋にかけて咲いてくれる、貴重な秋の花です。ホトトギスが咲き出すと、ゆっくりと近づいてくる秋の気配を感じるような気がします。

すごく生命力のある山野草で、根が大きくなるにつれ、株もどんどん増えていきますから、ある程度の範囲まで拡がってきたら間引くようにしています。それでも庭の木をあちこちに植え替えていると、その土に根が混ざっていることがあって、庭のあちらこちらにホトトギスが群生するようになってきました。

コオロギも鳴き始め、ホトトギスの花も咲き、朝晩の風はだいぶ冷たくなってきました。さてさて、今年の残暑はいつまで続くことでしょうか。

hototogisu0808.jpg


posted by jiro at 16:50| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。