2008年07月31日

地粉でパン

先日から在庫僅少のお知らせをしてきた「カリタ・ウォーターカフェ101」ですが、いよいよ本日、最後の1つが売れてしまいました。なんだか寂しい・・・。すでにお使いの皆さんは、割ったりしないように大切に使ってくださいネ!


bread0807b.jpg山形村の「ファーマーズ・ガーデン」にて、本年度収穫の松本市今井地区産新小麦粉がありましたので、それで食パンを焼いてみました。銘柄は「ユメセイキ」。長野県内で生産される小麦粉は「中力粉」ですので、うどんなどには適していますが、パンには好適ではないとされています。それでも地粉100%でパンを焼く方もいらっしゃいますが、私は無理をせずに、いつもの強力粉と50:50でブレンドして焼いてみました。

やはり挽きたての新小麦粉は香りがいいです!強力粉と混ぜて使う分にはもっちり感もまずまずで、特別に問題を感じません。今度は玉砕を覚悟で、地粉100%で作ってみようかな?


posted by jiro at 18:28| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。