2008年07月18日

チーズ入り食パン

今日は第3金曜日ですので、定休日でした。しかし、いつものように朝から焙煎をして、それから豆の配達に出かけました。営業日に配達に行くときは、妻が店の留守番をしますが、今日は定休日なので、2人で揃って配達にでかけました。そしてそのままお昼ゴハンへ。私の卒業した高校のすぐ近くにあるお蕎麦屋さんに行きました。と、いってもここで食べたのは、私が「合鴨ラーメン」、妻が「つけめん」。お蕎麦はソバ打ち名人のAさんのお蕎麦をいただくようになってから、外で食べるお蕎麦がめっきり美味しく感じなくなってしまったのです。そんなワケで、蕎麦屋でラーメンを食べたワケですが、このお店のラーメンは美味しい。「合鴨ラーメン」は、それほど油もきつくない魚介系のダシがベースで、合鴨の柔らかなお肉が花を添え、ゆずの皮が味のアクセントになっていました。こってりとあっさりのバランスが私には丁度いい感じです。

bread0807c.jpg夜は、朝仕込んでおいた食パンの生地の焼成。今回は我が家の定番、「スーパーのおつめ品」のチーズを入れてみました。グリュイエールチーズです。数日前にやはりチーズ入りの食パンを焼いたのですが、子どもにとても好評だったので、今回もリクエストに応えて焼いてみました。2次発酵の前にパン生地を3つ折りにして形を整えるのですが、その行程でチーズを折り込みます。これからはチーズ以外にもいろんなものを入れていきたいですね。何かいいアイデアはないかな?

本当は2次発酵の前に、生地を3分割してちょっと休めてから(ベンチタイム)整形するのですが、今回はベンチタイムを省略しました。私の作り方の場合、あまり必要ない気がしているのです。このくらいはきちんと膨らみますし・・・。そもそもいろんなレシピを見ても、なぜ、どういう効果があるからベンチタイムが必要なんだ、という詳しい説明を見たことがありません。レシピにあるからやっているワケですが、なくても美味しく作れるのなら省いてしまえ!と、いう風に考えてしまうのは、イケナイことでしょうか?

いつものことながら、焼きあがったパンを目の前にして、それをすぐには食べられないというのは、とてもストレスがたまります・・・。明日の朝食までのガマンです。



posted by jiro at 23:18| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。