2008年07月15日

夏椿

今年は、庭の花モノが全体的に元気がいい。たくさん植わっている夏椿(シャラの木)にも、たくさんの花がつきました。今冬は冷え込みが厳しく、降り積もった雪が長く土を覆っていたからでしょうか。あまり気にかけたことがないのですが、冬に植物への水分が足りないということが結構あるのだそうです。そういう意味では、今冬のように長く雪が残った方が、植物には好影響なのかもしれませんね。

夏椿は、頻繁に剪定をしなくも良いですし、何より、憎き「アメシロ」がつきにくいのがヨロシイ。我が家は小学校に近いため、小学校のサクラの木に群がるアメシロがやってくるらしく、ほとんどの落葉樹がアメシロの被害に遭います。しかし、夏椿は植えてから8年経過しますが、いまだにアメシロにやられたことがありません。よく庭のシンボル・ツリーとして、夏椿が候補に上げられることがありますが、なかなかどうして、的を得た選択だと思います。ただ、花はきれいなのですが、ボトボトと落ちていく様はあまりきれいではありません。

きれいな花をつける木として、百日紅(サルスベリ)も候補だったのですが、こちらは結局、我が家にやってくることはありませんでした。今ではもう、植えるスペースが見つからない・・・。夏になって百日紅がきれいに咲いているのを見るにつけ、あ〜我が家にも欲しいなあ、と思うのでありました。

shara0807.jpg


posted by jiro at 19:05| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。