2008年06月15日

ほう葉巻き

houba0806.jpgいつも木曽からご来店くださるHさん、今日は「ほう葉巻き」を持ってきてくださいました!新聞に「ほう葉巻きの季節」なんていう活字を見つけると、木曽まで行きたいなと思うのですが、このガソリン高の時代、なかなかフットワークを軽くというわけにもいきません。そんな中でのプレゼントは最高にうれしいものです。Hさん、ありがとうございます!

洋菓子が「創作の美味しさ」だとすれば、木曽の「ほう葉巻き」や「栗子餅」などの和菓子は「素材の美味しさ」でしょうか。ほうの葉の香りを感じながらいただくお餅の味わいは、自然の味わいそのものです。枝先の葉に包まれた姿を見るだけでも、幸せな気分になれます。この素朴な味わいがいつまでも食べられる世の中であるといいな・・・と思いつつ、家族で美味しくいただきました。


posted by jiro at 21:19| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。