2008年12月10日

スピーカー譲ります

秋から冬になって、家の中にいる機会がどうしても長くなってしまいます。そうするとムズムズと「スピーカー作りたい病」の症状がでてきてしまって、いてもたってもいられなくなります。しかし!これ以上スピーカーを増やしてどうするの?という家人の非難の視線がとても痛く、どうしようもなく焦燥感だけが募る毎日であります。

仕方ないので、作ったはいいけれど全く使っていないスピーカーを2種類ほど処分することにいたしました。いつものようにネットオークションで売却してしまうのが手っ取り早いのですが、もしかしたら当店のお客様で欲しい方がいるかもしれないな〜と思いまして、お店にて販売しております。いよいよ何屋なんだかわからない状況となりつつあります。

2つとも、「箱」は私が作成したものではありません。私なんかよりもずっと木工作に精通した人がつくった箱をオークションで入手して、ユニットと端子の取り付け、配線、塗装のみを私がしたものになります。

@五角柱スピーカー
当店でも使用している「ウッドコーン・スピーカー」を取り扱っているドリームクリエーションの推奨箱を作っていらっしゃる「ウッド・ポケット」様の作品です。天板と底版は厚さ3cmのゴムの木の集成材が使われており、その他の部分も2cm厚のゴム集成材が使われていて、重量感のあるボックスです。もともは密閉箱でしたが、私が丸穴を加工して現在はバスレフ方式にしてあります。ウッドポケット様の「過去の作例」の中にこの箱の写真も載っています(小さくですが)。探してみてください。

speaker0812.jpg

ユニットはTangBandの8cmフルレンジ「W3-315SC」です。1本2,680yenのユニットです。一時期壁掛けにして使用していたこともあったため、箱にはネジ穴等が残っており、決してきれいではありません。それほど大きくないTVのサイド用にちょうど良いと思います。

Aミニタワー型スピーカー
以前ブログで紹介したこともある、現在当店で使用している細長いタイプのスピーカーです。スピーカー自作派の方の多くが参考にしているサイト「VIC's D.I.Y」に掲載された箱を、そのままコピーして作られている箱です。高さが64cmありますので、40cm前後のローボードにTVを置いてある場合に、その両側に設置するとベストマッチになるように設計されております。

1070801.jpgユニットは音質には定評のあるFostexの防磁型10cmフルレンジ「FE-107」です。1本3,730yenのユニットです。スピーカー端子は金メッキのバナナプラグ対応のものを使っていて、内部配線材も無酸化銅線です。箱は12mm厚のシナ合板でできており、木目もきれいです。こちらは市販の安物スピーカーを簡単に蹴散らすくらいの実力を十分に持っています。

両者ともユニット(ペア)の代金程度でお譲りしたいと考えています。市販のありふれたものではなくて、手作りの良さを感じてくれる人がいたら、遠慮なく声を掛けてください。しばらくは当店に展示しておきますが、誰からもお声がかからなかったら、ネットオークションに出そうと思っております。


posted by jiro at 15:55| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。