2008年11月26日

ハチドリという名の珈琲豆

ご好評をいただいている「ブラジル・カルメロ・ナチュラル」ですが、本日をもって終売となりました。ご愛飲ありがとうございました。

替わって、明日からは「ブラジル・ハミングバード」の販売を開始します!「ハミングバード」、素敵な名前でしょう?皆さんも良くご存知かと思いますが、中南米に生息する、花の蜜を吸う小鳥「ハチドリ」のことです。ハチドリにはちょっとした思い入れがあって、この名前を冠した珈琲を生産している農園があると知って、どうしても当店で販売したかったのです。どうしてハチドリにそんなに思い入れがあるかという話しは、ちょっとばかり長くなりそうですので、また別の機会にお話しさせていただこうかと思います。

さて、この「ハミングバード」ですが、産地は近年のブラジル・スペシャリティーコーヒーの定番である「ミナスジェライス州・スルデミナス地区」で採れた珈琲豆です。生産している「モンテ・アレグレ農園」では先進的な機械を率先して導入しているということで、生豆の状態も良いようです。今日まで販売してきた「カルメロ」と同様のナチュラル精製の豆なのですが、「カルメロ」よりも欠点豆が少なくて、ハンドピックもあまり必要ないくらいです。

味わいはナチュラルならではの深いコクがあって、飲み終えた後も苦甘い余韻が口の中に残る感じ。なるほど、花の蜜を吸うハチドリの名前を、農園主がこの豆に冠した理由がわかる気がします。今日は試飲を兼ねて、先日当店に立ち寄ってくれた旧友のN君が持ってきてくれたお土産の洋菓子と一緒にいただいてみたのですが、スウィーツとの相性はとても良かったです。シュークリームなんかと一緒にいただくにはとっても合いそう。ぜひお試しください。

と、いうワケで、「ブラジル・ハミングバード」発売開始です!
400yen/100gナリ。


posted by jiro at 18:35| 珈琲豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。