2008年11月08日

最近、可愛い車がないデス

数日前に、ルノー松本からダイレクトメールが届いていて、それは、今度日本で販売されることになった「トゥウィンゴ」という車を見に来ませんか?という内容でした。すでに我が家はメインで使っているルノーの「カングー」という車を、この先も大事に乗っていくことにしていますので、当分車を買う計画などはありません。でも、このダイレクトメールを最後まで見ると、「アンケートに答えた方に、もれなくミニカーをプレゼントします」という一文が載っているではありませんか。こんなに素晴らしい企画に乗らない手はありませんので、午前中、さっそくルノー松本を訪れました。

twingo0811b.jpg

今日いただいてきた「トゥウィンゴ」のミニカー。今年、旧タイプのトゥウィンゴのミニカーを、お店のディスプレイ用に購入したばかりですので、新・旧が揃いました。断然に旧型の方がキュートで可愛い。しかし、ヨーロッパ車にしても日本車にしても、思わず顔が綻んでしまうような可愛い車がなくなってしまいました。ミゼットなんかもそうですが、その他にも日産のパオだとか、アルトのウォークスルーバンだとか、スズキのマイティーボーイだとか、つい数年前までは小さくて個性的な車がたくさんあったのに、なんでこんなにトンガッた車ばかりになっちゃったんでしょうね?

以前モーターショーに参考出展されていた、電気自動車バージョンの環境にも優しいミゼットを、ぜひとも市販化してくれないものでしょうかねえ、ダイハツさん!


posted by jiro at 17:33| car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。