2008年11月10日

簡易発酵器

このところめっきりと寒くなってきて、パンの発酵が思うようにいきません。1次発酵は、冷蔵庫の中で低温発酵させているので、外気とはあまり関係ないのですが、焼き型に入れてから発酵させる2次発酵は、室温で発酵させていますので、室温が低いとなかなか発酵が進まなくなるのです。

bread0811a.jpg

そこで考えたのが、発泡スチロールを使った簡易発酵器。この容器の中にお湯を入れて、そこにパン種を入れて蓋をします。30分もすればいい具合に発酵しています。


bread0811b.jpg

どうも「しっとり感」が足りなくて、牛乳を加えたり、粉を変えてみたりと悪戦苦闘が続いています。スキムミルクを入れると良いらしいですが、できる限りシンプルな材料で作りたいと考えているので、極力いろんなものをいれないで、自分流の食パン作りを完成させたいと考えています。


posted by jiro at 22:04| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

道具

今日は冷え込みましたね。暦の「立冬」を過ぎた途端にこの気候。本当に昔の人々が考えた日本の暦は良くできております。今週はずっと寒い日が続きそうですから、風邪などひかないように注意したいものです。

スピーカー作成が進んでおります。一番難しいのは木材を正確にカットすることなのですが、私の場合は、図面をFAXして専門の業者さんにカットしてもらっておりますので、この時点でスピーカー作りの半分以上の工程は終わってしまっているといっていいでしょう。あとは木材を接着していくだけで、一応形にはなるのですが、この簡単な作業も意外と難しいものなのです。

普通の木工であれば、接着剤がはみ出すのを警戒して、接着剤はなるべく少なめに使うかと思いますが、スピーカー作成の大きなポイントは「いかに音漏れをなくすか」ということ。木材と木材が隙間無く接着できるように、木工用ボンドをたっぷりつけて接着します。そうするとボンドがあふれてきますので、それを濡れ雑巾できれいにふき取ります。すぐにふき取らないと、固くなってからでは取るのが難しくなりますし、塗装が乗らなくなってしまいます。

mini_spkr0811.jpg

きっちりと接着させるには、クランプとかハタガネといった締め付け工具が必須です。接着の工程が終わったら、サンダーがけをします。粗目のヤスリから、段々に細目のヤスリに変えて仕上げていきます。そこまで終わって、ようやく塗装工程に入ります。
posted by jiro at 21:46| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

最近、可愛い車がないデス

数日前に、ルノー松本からダイレクトメールが届いていて、それは、今度日本で販売されることになった「トゥウィンゴ」という車を見に来ませんか?という内容でした。すでに我が家はメインで使っているルノーの「カングー」という車を、この先も大事に乗っていくことにしていますので、当分車を買う計画などはありません。でも、このダイレクトメールを最後まで見ると、「アンケートに答えた方に、もれなくミニカーをプレゼントします」という一文が載っているではありませんか。こんなに素晴らしい企画に乗らない手はありませんので、午前中、さっそくルノー松本を訪れました。

twingo0811b.jpg

今日いただいてきた「トゥウィンゴ」のミニカー。今年、旧タイプのトゥウィンゴのミニカーを、お店のディスプレイ用に購入したばかりですので、新・旧が揃いました。断然に旧型の方がキュートで可愛い。しかし、ヨーロッパ車にしても日本車にしても、思わず顔が綻んでしまうような可愛い車がなくなってしまいました。ミゼットなんかもそうですが、その他にも日産のパオだとか、アルトのウォークスルーバンだとか、スズキのマイティーボーイだとか、つい数年前までは小さくて個性的な車がたくさんあったのに、なんでこんなにトンガッた車ばかりになっちゃったんでしょうね?

以前モーターショーに参考出展されていた、電気自動車バージョンの環境にも優しいミゼットを、ぜひとも市販化してくれないものでしょうかねえ、ダイハツさん!
posted by jiro at 17:33| car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

落葉

紅葉もほぼ終わりに差し掛かり、アルプスの山並みもすっかり雪化粧。これから過ごさなくてはならない長〜い信州の冬を思うと、なんだかすっかり元気が無くなっていくのは私だけでしょうか。

何か楽しいことを考えて、この冬を迎えよう!と思っても、なかなか楽しいことって浮かびません。もともと出不精の私ですから、冬になると更に輪をかけて家に閉じこもってしまいます。やはり、スピーカーをゴニョゴニョといじりながら、LPレコードを聴ききながらコーヒーでもすすってボーっとする、やっぱりこれがヨイのではないでしょうか。なんだかオジイサンのような暮らしぶりですな。

itaya0811.jpgあんなに緑鮮やかだったイタヤカエデも、もうこんな具合です。冬の間、しっかりと力を蓄えて、春になったらまた元気な姿を見せて欲しいものデス。

明日は定休日です。定休日ぐらい寝坊したいものですが、子供たちは朝からスケジュールが詰まっておりますので、それにあわせて早起きしなくてはなりません。特に誰よりも早起きして朝ゴハンを作る妻にとっては深刻な問題です(最近どうも疲れ気味の様子?)。まあ、「時は金なり」と言いますから、せかっく早起きする定休日を無駄に過ごさないようにしたいと思います。
posted by jiro at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

まだまだ作ります。

夕食後、新たなスピーカーの製作にとりかかりました。今回は片手に乗るくらいの極小スピーカーを作ります。使用するユニットは5cmのフルレンジ。このくらいの大きさになると、さすがに低音の再生は厳しいですが、中〜高域がきれいに出ますので、バイオリンのソロとか、女性ボーカルなんかはイイ感じになるハズです。

背面にダクト穴を設けて、リア・バスレフ形にします。ダクトに使用する筒は、アルミホイルが巻いてあった紙の筒。これが直径27mmで、小型スピーカーに丁度いいんです。ラップ類の紙筒は、厚さが足りなくて強度不足で使えません。アルミホイルの紙筒は厚さも十分です。

今日はダクトの接着のみ。一日一工程といった感じで、のんびりと作っていこうと思います。

speaker0811b.jpg
posted by jiro at 23:13| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

熱を鎮めるには

オーディオ熱というヤツはかなりやっかいな代物で、それが生活に必要のあるなしに関わらずに、着手しなくては落ち着かなくなるのです。

以前、お店で使っていた「ダブルバスレフ」という構造の自作スピーカー、その後子供部屋に置いておいたのですが、どうも使っている様子がない。使わないのなら返しておくれ、ということで、強制的に没収。それをチョコチョコといじって、「オーディオの秋」ということにしております。

まずは、スピーカーユニットと、スピーカー接続端子を繋ぐ内部配線材を変更。「ケーブルで音が変わる」、それはオーディオ熱にかかった人間が、かならず行き着く、最後の沼であります。

お店で使っている「ウッドコーンスピーカー」の販売元である「PARC Audio」の社長さんが、Blogで「これはイイ!」と絶賛されていたので、試しに購入してみました。スピーカー2台分で、1,000yenという値段が高いのかどうなのかわかりませんが、オマジナイ程度だとしても、おみくじ代だと思えば、それほど高価なものでもありません。

cable0811.jpg

ユニットは、今までは自作派の定番「DIY Audio SA/F80AMG」というユニットを使っていたのですが、これは優等生すぎて面白くない(?)という勝手な判断を下した結果、「Tang Band W3-871SC」という、ペアで4,000yen程度の処分価格のユニットを調達してみました。ユニットはいずれ交換したくなるだろうと思って、木ネジではなくてナットとボルトで固定する方式にしておきましたので、交換はアッという間に完了です。

speaker0811.jpg

何だかとてもカッコイイ。しばらくの間、お店に復活させて鳴らしてあげようかな?と、思っております。しかし、せっかく内部配線材を交換したのはいいけれど、ユニットまで同時に交換してしまったら、ケーブルでどれくらい音が変わるのかの判断がつかないじゃあないですか!
でも、いいんです。自己満足の世界なのですから。
posted by jiro at 23:11| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

タツナミソウ

タツナミソウは、漢字で書くと「立浪草」と書きます。花が連なって咲いた様子が、まるで波が立っているように見えることに由来しいるそうです。なかなか風情のある名前ですね。

もともとは、義母が鉢植えに活けておいてくれたのですが、いつのまにか種がこぼれ落ちたらしく、周囲の地面から顔を出してくるようになりました。砂利を敷き詰めた場所であるのにも関わらず、わずかな隙間から生えて来る元気な山野草です。

tatsunami0810.jpg
本来、春から初夏にかけて花を咲かせるタツナミソウですが、我が家のタツナミソウはこうやって秋にも花を付けてくれます。今年は更に別の場所にも株を増やしてみたので、来年からはもっとたくさんんの小さな花たちに出会えそうです。

そんなささやかな楽しみを積み重ねて、平凡極まりない毎日に、少しばかりの彩りを添えて喜んでいる焙煎人なのでした。
posted by jiro at 15:20| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

そのニンジンを食べても良いのか?

麻生首相が発表した追加景気対策、「定額給付金」が話題になっています。現時点での試算では、4人家族で約6万円になるとかならないとか。タダで6万円がもらえる!そう思えば、これは確かに嬉しいことです。我が家では、今年度はガマンしようと思っていた家族旅行にそれを充てて・・・などと、何とかの皮算用もしてしまいたくもなるというものです。

しかし、これらの給付金を支払うための予算、なんと2兆円!一世帯あたり数万円の給付も、積もれば庶民には到底理解でいない額面へと跳ね上がります。その数字を見た途端に、数万円の給付も、何ともちっぽけなものに見えてきて、ふと現実に引き戻されてしまうのです。

2兆円あれば、何ができるんだろう。本当に困っている人たちが、日本にはいっぱいいるんじゃあないだろうか。雨が降れば必ず冠水してしまって困っている人たちがいたり、耐震強度が足りない校舎で地震に怯えて授業を受けている生徒たちがいるんじゃあないだろうか。過去の災害が原因で、今もなお仮設住宅で生活している人びとがいるんじゃあないだろうか。そんな現実を考えてしまうのです。

どうか、真剣に日本を良くしてください。コツコツと支払ってきた年金が、うやむやのうちに消えてなくなってしまうような国にしないでください。消費税を上げる前に、私たちの血税が、天下り先の特殊法人で無駄に浪費されることのないようにしてください。それをきちんと是正してくれるのだったら、消費税が10%になったって一向に構いません。自分たちのために使われる税金なのですから、支払う金額が多いということは、自分たちも多くの恩恵を受けることができるということなのですから。

突然「定額給付金」という名前のニンジンを目の前に差し出された私たち日本人。そのニンジンに釣られて走る先には、どんなゴールが待っているのでしょうか。
posted by jiro at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

11月になりました。

昨日から3連休という方が多いかと思います。今日は連休の中日ということで、お客様は少なめかな?と予想していたのですが、いつもの日曜日と同じくらいのお客様がご来店してくださいました。これだけ毎日、不景気な話題ばかりニュースで放映されていれば、さすがに行楽ムードという感じではないのかもしれませんネ。家族でまったりとコーヒーを飲みながら美味しいケーキでも食べて1日を過ごす。それもまたいいではありませんか!

そう言えば、先週あたりから我が家の庭にお腹がオレンジ色のきれいな鳥がやってくるようになりました。毎年このくらいの季節になるとやってきます。おそらくはロシアからやってくる渡り鳥「ジョウビタキ」ではないかと思います。北アルプスの景色はすっかりと雪化粧していましたし、冬の渡り鳥もやってきて、いよいよ冬の足音が聞こえてきました。

明日は文化の日で祝日ですが、もちろん当店は営業しております!
posted by jiro at 23:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

同窓会

私の地区は、数軒の集まりを「組」と呼んで、更にその組がいくつか集まって「常会」という単位になります。常会は1常会から8常会まであって、それらが集まって吉田1区という区を形成しております。一昨年、この「常会」の常会長を務めさせていただいたのですが、今日はその年の常会長全員と、区の3役が揃っての、久しぶりの「同窓会」をやることになりました。

地区役員の同窓会なんて、あまり聞くことはないかもしれません。役が終わって2年も経っているのに、皆が1人も欠けることもなく集まるのは、もちろん素晴らしいメンバーに恵まれたことによるのですが、もう1つ大きな要因があるのです。

それは、区長さん自らが打ったソバを食べることができるから。自らソバを栽培し、毎年その年の常会長さんたちに打ちたてのソバを振舞ってくれる現区長。今年に至っては、すでにOBの私たち旧常会長にまでソバを打ってくれるというのですから、恐縮することしきりです。「もう1本もお腹に入らない・・・」というくらい、美味しいソバを堪能させていただきました。

soba0810.jpg


実は今日は、昨年やらせていただいたPTAの役員の「同窓会」にも呼ばれていたのですが、前述の旧地区役員の集まりを優先させていただいたので、こちらは欠席させていただきました。地区役員もPTA役員も、引き受けた時はかなりの重荷に感じたのが正直なところ。それでも終わってみれば、素晴らしい人たちとの出逢いがあり、そして、その後も気軽に「集まろうか」と声を掛けてもらえる。ありがたいことです。感謝!
posted by jiro at 22:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。