2008年10月15日

「七草」からの贈り物

今日はお客様からとっても美味しい「芋ようかん」をいただいてしまいました。「とっても」美味しいのには理由があって、この芋ようかんを作ってきてくれたのは、松本市山辺にて、和菓子教室を開かれているKさんだからなのです。

Kさんはいつも自転車仲間のHさんと一緒に、山辺からロードレーサータイプの自転車に乗って颯爽とやってきます。当店から山辺地区というと、車でも30分くらいはかかる場所です。それくらい離れた場所から自転車でやってきて、珈琲豆をご購入されたらまた自転車で帰られていくわけですから、運動なんて全然やっていない私は、そんなライフスタイルを羨望の眼差しで見つめているわけなのです。

そんなKさんが主催されている和菓子教室の名前は「七草」。季節を感じさせてくれる素敵な名前ですね。Kさんには、「教室だけではなくて、ぜひとも和菓子屋さんを開いてください!」とお願いしています。Kさんも頭の中ではそんな夢を描かれているご様子。近い将来、松本平に素敵な和菓子屋さんが誕生するかも?そんな淡い期待をしている私なのでした。

和菓子教室「七草」のご案内リーフレットが当店の店内にも置いてありますので、ご興味のある方はぜひともお手にとってみてください。当店のお客様でも、さっそく「七草」に通われている方もおいでですヨ。

youkan0810.jpg

いつもは和菓子もコーヒーでいただいてしまう我が家なのでありますが、今日は本当に珍しいことに玉露(!)が買い置きしてありましたので、緑茶とともにいただきました。・・・至福のひと時です。Kさん、ご馳走様でした!


posted by jiro at 21:46| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。