2008年09月17日

タンドリーチキン

昨日の夕食のメニューは、「ニース風サラダ」の他にもう1品、「タンドリーチキン」でした。妻がTVを観ていたら、料理番組でレシピを紹介していたらしく、意外と簡単にできそうだということで作ってみることになったようです。

私も以前から挑戦したいなと思っていたメニューの1つです。私は骨付きもも肉を1晩ほど漬け込んでおいて、炭火でバーベキュー風に食べたいな・・・なんて思っていたのですが、なかなか実践するに至らず今日に至ってしまいました。妻が作ってくれたのは、鶏の手羽元を使ったもので、漬け込む時間も3〜4時間程でいいようです。

肝心のお味ですが、これが本当に美味しい。こんなに簡単に美味しく作れるのであれば、ぜひとも今年のクリスマスはこれにしてくれ!と、今からクリスマスのチキン料理を考えてしまうせっかち野郎なのでありました。しかし、先週、郵便局から年賀ハガキの予約の受付け用紙が配られてきましたので、今からクリスマスのことを考えるのも、そう突拍子もない話しでもないと、自分を納得させた次第です。

chikin0809.jpg

詳しいレシピは妻から聞き出しておりませんが、一般的なレシピは、塩コショウした鶏肉を、ヨーグルトとカレー粉、チリペッパー、ニンニクとショウガをすりおろしたものと一緒に混ぜた漬けダレに数時間漬け込んで、オーブンで焼けば出来上がりです。ただ、我が家の子どもたちには若干辛かったようですので、お子様がいるご家庭では、チリペッパーの代わりにトマトケチャップなどを使用した方が良いかもしれません。


posted by jiro at 16:59| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。