2008年09月12日

ザッセンハウスが復活しました!

以前、当blogにも書かせていただいたように、ドイツ製コーヒーミルの老舗であるザッセンハウスが倒産したのが2年前。下請けの刃物メーカーが倒産しただとかいろんな理由がささやかれていましたが、長い間コーヒー通の定番として君臨してきた老舗ブランド、期待に応えて復活してくれました!

先月から市場に流通し始めたようですが、まだまだ品薄な状態のようです。これから在庫は潤沢になってくると予想されますので、あわてて購入することはないかと思います。値段は旧タイプと比較すると、なんと2割程度増し(!)。当店で取扱いしていた頃は、一番廉価なものは6,000yen台で販売しておりましたが、新型は木製のタイプの一番安いものでも、10,000yen前後が相場のようです。いろんな調達コスト等を考えると仕方ないかもしれません。

肝心な性能につきましては、当店でもまだ入手しておりませんので何とも言えません。姿形こそ往年のザッセンハウスと同一タイプがラインナップされておりますが、良く見ると木の質感やタグプレートの質感が大分変わった印象を受けますし、肝心のカッターの切れ味などが昔のままなのか・・・気になるところであります。

私が大好きだった壁掛けタイプは、残念ながら今回のラインナップには含まれておりません。それを考えると益々2年前に入手しておくべきだった!と後悔の念が押し寄せてきます。新タイプはデザインも若干の変更が入っていますし、旧タイプをお持ちの方は、そのビンテージ性が色褪せることはないでしょうから、これからも大事に使ってあげてください。

新タイプ、当店では当面取扱いいたしません。気になる方はインターネット通販で物色してみてください。まだ在庫が潤沢ではありませんので、すでに売り切れのショップも多いかとは思いますが、手挽きミルの需要はそんなに大きいものではないかと思いますので、しばらくすれば普通に手に入るかと思います。

zassen0809.jpg


posted by jiro at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。