2008年09月07日

コーヒー・リキュールを作ろう!

あれはまだ初夏の頃だったでしょうか。カルトナージュ作家であるAkane-Bon-Bonさんから、「コーヒー・リキュール」を作るのにはどのような豆を使うのが良いでしょう?」と聞かれました。Akaneさんのお母さんが、コーヒー・リキュールを作りたいのだそうです。うーん、さすがにコーヒー・リキュールまでは自分で試したことがありません。その時は、苦味の一番強いオーバーフレンチと、香りが一番華やかなエチオピア・イルガチェフ(モカ)を推薦させていただいて、Akaneさんはその両方で試してみるということになったかと思います。

そしてあれから1ヶ月半ほどが経過して、出来上がったコーヒー・リキュールを、Akaneさんが持ってきてくれました。苦味・色ではやはり想像通りオーバー・フレンチの方が強かったようです。しかし、Akaneさんが軍配を上げたのは、モカ。香りと甘みが断然に良かったようです。これはとても勉強になりました。我が家では今度はぜひともガテマラで試してみたいと思います。モカの香りとは異なりますが、カカオらしい香りといえばガテマラです。

riqur0809.jpg

珈琲豆と氷砂糖を適量ずつ混ぜてビンに詰めます。そしてそれらがヒタヒタに漬かる程度にホワイト・リカーを注ぎます。あとは2ヶ月ほど放っておけば良いようです。Akaneさんは、今度は麦焼酎で試してみるということで、本日はモカを購入されていきました。麦焼酎バージョンも、大成功だといいデスネ。

で、さっそく今晩試食させていただきました。バニラアイスクリームにコーヒー・リキュールを適量。これは・・・美味し過ぎです!甘いバニラアイスクリームが、一気に大人の味に大変身してしまいました。牛乳に入れても美味しそうです。ちょっとしたアイデアで、いろんなモノに活用できそうです!Akaneさん、ありがとうございました(お母様にもよろしくお伝えくださいませ)。

ice0809.jpg


posted by jiro at 21:38| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。