2008年08月27日

節約走法

今日、ミゼットの燃料計を見たら、そろそろ燃料が底をつきそうでしたので、近所のスタンドへあわてて給油しに行きました。9月からガソリンが少し安くなりそう・・・なんていう情報もありますので、ここはケチって「現金で2,000円分お願い」、などという給油にしておきました。

ミゼットはオートマですが、普段プライベートで乗っている車はマニュアルミッションです。マニュアルのいいところは、ギアをいつでもニュートラルに入れられること。最近は、少しでも燃費を良くするために、長い下り坂があると、走行中にギアをニュートラルに入れてしまいます。そうすると、車は惰性でそのまま走行を続けるというワケです。そうすればエンジンの回転数は、アイドリングに必要な最低限の回転だけですみます。ただし、エンジンブレーキが効かなくなるために、勾配がきつい坂だとかなりスピードが増してきて怖い思いをすることになりますので、誰にでもオススメできる走行方法ではありません。なだらかな坂が続いて、走行車両が少ない道を走るときはかなり有効です。

オートマだと、このような融通が利かなくて不便だなア、と思っていたら、今日インターネット上でこんなニュースを発見しました。
その名も「AT車レバー 切り替え装置

AT車に後付けして、走行中にアクセルを緩めると、自動的にギアがニュートラルにセットされるというものです。そう、こんな装置が欲しかった!残念ながらこの会社の所在位置は九州だとのこと。ご近所の車屋さんで、この装置をつけてくれるところがあれば、ぜひともお願いするのになア・・・なんて思いました。ハイブリットの開発も、電気自動車の開発も、もっと急いで欲しいですが、まずは、現在の機構を見直して、少しでも節約できるようなアイデアを、メーカーには考えて欲しいと思います。


posted by jiro at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。