2008年07月20日

ダイジョウブ?の意味

昨年、松本平で35°以上を観測したのは、8月10日。ところが今年は7月中旬にすでに猛暑日を記録してしまったわけで、温暖化の加速スピードは、ものすごい勢いで進んでいて、信じられないくらいの規模の気候変動を起こしているのではないか?などと嫌な方向へばかり考えを巡らせてしまいます。お店にはエアコンがありますが、母屋の方にはエアコンがありませんので、せめてもの暑さ対策といたしまして、本日の我が家の昼食は「そうめん」でした。これから、そうめんや冷麦の出番がぐっと多くなりそうです。

そうめんを食べていたら、ご近所さんからスイカをいただきました。そのお婆ちゃん、私の顔を見て一言、「大丈夫かい?」。ここ1、2年、いろんな人から言われ続けている言葉なので、その意味を瞬時に理解した私は、いつものように簡単に説明を。「いや、3年ほど前に胆嚢を摘出して、その後もまた入院したりしたこともあって、痩せてしまったんですヨ。でも今はまったくもって元気ですから、ご心配ありがとうございます。」と、そんな具合。親戚で集まっても、学生時代の旧友に会っても、必ず最初の一言は、痩せこけた私の頬を見て、「ダイジョウブ?」から始まるのです。

その話しを妻にしたら、妻が一言。
妻:「頬に脱脂綿でも詰めたら?」
私:「オイ、宍戸ジョーかいな!」
今日も楽しい我が家です。


posted by jiro at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。