2008年07月05日

今日も天気予報では30°を超える真夏日になるということでしたので、朝のうちに梅の実をとってしまうことにして、8時くらいに実家に行きました。それほど大きな梅の木ではありませんので、収穫量はしれておりますが、それでも2kgくらいの梅の実をお裾分けしてもらってきました。

ume0807.jpg

午後はスーパーへ食料の買出し。ついでに梅酒に使う材料を仕込んできました。今回は氷砂糖ではなくて、果糖と黒糖をミックスして使用しようかと思っておりますので、迷わずに果糖を購入しました。使用するアルコール類ですが、ホワイトリカーというのは何だか薬品じみた響きで好きではないので、我が家では焼酎を使うことにしています。一昨年に、麦焼酎と芋焼酎、それぞれで梅酒をつくって試してみたのですが、やはり麦のほうがスッキリした印象。私は芋の味も捨てがたいと思いましたが、妻が芋焼酎の味には抵抗があるというので、今回は麦焼酎でいこうと思います。

選んだ焼酎は、麦焼酎の定番、大分県の「二階堂」。「二階堂」にはアルコールが20°のものと25°のものがあるので、梅酒用にはアルコール度数の高い25°のものを選びました。お酒好きな人から見れば、「二階堂」を梅酒にしてしまうなんて、何ともったいないことかと思うことでしょう。普段、ほとんどお酒を飲まない我が家だからこそできる贅沢ですね。梅は半日ほど水につけておいてから、果糖+黒糖、そして「二階堂」が注ぎ込まれて、半年ほどの眠りにつきます。冬には素晴らしい梅酒が出来上がっていることでしょう!


posted by jiro at 18:08| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。