2008年06月12日

あじの開き

先日、我が家の子供が臨海学習でアサリを採ってきた・・・ということをココに書きましたが、同じ日に「あじの開き」作りを体験したきたのだそうです。当然ですが開いた直後では干物になりませんから、開いたものは天日干しにしておいて、後日、学校へ送られてくるという仕組みになっているのです。

himono0806.jpg

巨大なドライヤーのような機械の熱風に晒されて作られる大量生産の干物があたり前の時代です。網の上に並べられて、丁寧に天日で干された干物を食べられることに感謝しつつ、本日の夕食をいただきました。

しかし、潮干狩りや、干物作りの体験、漁船に乗っての釣り、今のこども達は何とも楽しそうな行事があって羨ましいですね。私が行きたいくらいです・・・


posted by jiro at 21:45| food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。