2008年06月07日

高ボッチ

今日は久しぶりに晴れの定休日となりました。午後は予定通り、「安曇野らぶう豚」のベーコンを作りました。一晩落ち着かせて、食べるのは明日以降のお楽しみです。

午前中は一人で愛車を駆って、高ボッチ高原までドライブしてきました。私の実家が標高750mくらい。ここから30分ほど車を走らせるだけで、標高1664.9mの高ボッチ高原にたどり着くことができます。今日は汗ばむような陽気でしたが、高原の風はひんやりと冷たく、軽装で行った私は、ちょっとばかり散策しただけで、早々に帰路につきました。

takabocchi0806.jpg今日はあいにく霞がかかっていて、本来ならば楽しめるせずの360°のパノラマの絶景も今ひとつ。諏訪湖の全容を一望できるポイントはそう多くはありませんので、ここは貴重な場所ですね。諏訪湖は何とか見えましたが、北アルプスはほとんど霞の中。残念!

頂の南斜面で、リモコンのグライダーを整備している方がいました。面白そうだったので声を掛けてみました。グライダーですので動力はもちろん風のみ。リモコンで主翼や尾翼のフラップを調整して、操舵をおこなうのだそうです。今日はとても風が強かったのですが、このくらいの風であれば全然問題ないのだとか。こんな狭い場所から飛び立って、本当にこの場所に戻ってくるなんてことができるのか興味津々でしたが、グライダーは整備中でしたので、実際に飛行する姿を見ることはできませんでした。きっと面白いんだろうなあ・・・

松本平と言えば美ヶ原高原が真っ先に思い浮かびますが、頂までは結構な時間がかかりますし、車の数も多い。私のようにちょっと一人で高原の風にあたりに行こう・・・なんて人間には、この高ボッチ高原は格好のポイントです。美しい景色以外は何もないところですので、賑やかな場所が好きな人には向かない場所ですネ。私は賑やかな場所は苦手なのでありました。


posted by jiro at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。