2008年04月09日

植物のDNA

「植物」は「動物」よりも単純な生物なのだろうか?
常々、私が思う疑問であります。動物は水以外のモノを口にし、より多くのエネルギーを摂取して、その行動範囲を拡げるワケですが、逆を言えば、植物は必要最低限の機能のみを凝縮して、より少ないエネルギーで生きている生き物ではないかと思います。

春の芽吹きの時期になると、毎日庭をウロウロするのが私の楽しみの1つになります。様々な植物の様々な芽吹きの形態を見ているだけで、その植物が身に付けてきた、自然界で引き残るための複雑なDNAの営みを感じるのです。

比較的小さな葉を持つ植物は、芽吹きからしばらくすると葉の形態がはっきりしてきて、それが何という植物であるかを判別することができるのですが、葉が大きな植物の芽吹きは様々で、観察していると非常に面白い。

例えば、この植物。何の新芽かわかりますか?
解答はもう数日後にUpすることにいたしましょう。


yaburegasa0804.jpg


posted by jiro at 16:43| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。