2008年04月10日

オーバーフレンチ

いつも行くパン屋さんのパンが値上げになっていました。スーパーでは乳製品が高くなっていて、近所のデニーズは不採算店ということで閉店になりました。食材の高騰の影響が、段々と消費者に見える形になってきていると実感しました。

当店でも先日お伝えしたように、ボリュームディスカウントサービスを中止することにいたしました。珈琲豆の販売価格は、何とか全種類の豆を現状維持で提供していきたいと考えておりましたが、熟考した結果、1つだけ値上げさせていただくことにいたしました。

明日から値上げさせていただくことにしたのは、苦党の皆さんにご支持いただいている「オーバー・フレンチ」です。この豆は、本日まで320yenで販売してきました。当店の他の豆に比べて、かなりお求め易い価格設定にしてきました。

安い価格に設定してある理由はいくつかあるのですが、一番の理由は、「ロブスタ」という種類の豆をブレンドしていることです。ロブスタは病害虫に強く、低地でも栽培できるというメリットがあるのですが、味は苦味が強く、缶コーヒーやインスタントコーヒーに用いられることが多い豆です。低地でも比較的容易に栽培できるため、生豆の卸値段も、当店の他のコーヒー豆(アラビカ種)に比べると安いのです。しかしながら、ロブスタ種もじわじわと値段を上げてきており、数年前のアラビカ種の値段と同じくらいの価格設定になってしまいました。

明日からは350yenに設定させていただくことにいたしました。値上げしたといっても、まだまだお求め安い価格には変わりありませんので、苦党の方に、これからもご愛飲していただければと思っております。オーバーフレンチは不定期焙煎ですので、常に店頭に並んでいないのがツライところですが、ご希望の方にはメールにて焼き上がりをお知らせしております。オーバーフレンチを焼いたら教えて欲しい・・・という方がいらっしゃいましたら、その旨、お伝えくださいませ。

もともとはアイスコーヒー用に焙煎している豆ですから、本格的な夏になりましたら(7月〜9月)、定期焙煎いたしますので、いつでも店頭でご購入いただけるようになる予定です。

over0804.jpg

ところで、オーバーフレンチと、フレンチローストでは、どれくらい焙煎度合いが違うのですか?というご質問をたまにお受けいたします。フレンチローストよりも、焼き上がりの最高温度で5℃高い温度まで焼き上げております。時間にして1分前後長く焙煎しているでしょうか。マンデリンのフレンチ・ローストなどは、釜から出した時点では豆の表面にオイルは浮いておらず、焙煎の翌日くらいからオイルがプツプツと出てくるくらいに焼いていますが、オーバーフレンチは、釜から出した時点で、豆全体に薄くオイルが浮いてきているくらいが焙煎の目安です。2〜3日もすると、豆全体がオイルで覆われます。オイルは独特のコクを出すのに一役買うのは事実なのですが、酸化しやすいので、お早めに飲み切られることをオススメいたします。

オーバーフレンチ、明日から350yen/100gになりますが、今後ともよろしくお願いいたします。


posted by jiro at 22:54| 珈琲豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

植物のDNA

「植物」は「動物」よりも単純な生物なのだろうか?
常々、私が思う疑問であります。動物は水以外のモノを口にし、より多くのエネルギーを摂取して、その行動範囲を拡げるワケですが、逆を言えば、植物は必要最低限の機能のみを凝縮して、より少ないエネルギーで生きている生き物ではないかと思います。

春の芽吹きの時期になると、毎日庭をウロウロするのが私の楽しみの1つになります。様々な植物の様々な芽吹きの形態を見ているだけで、その植物が身に付けてきた、自然界で引き残るための複雑なDNAの営みを感じるのです。

比較的小さな葉を持つ植物は、芽吹きからしばらくすると葉の形態がはっきりしてきて、それが何という植物であるかを判別することができるのですが、葉が大きな植物の芽吹きは様々で、観察していると非常に面白い。

例えば、この植物。何の新芽かわかりますか?
解答はもう数日後にUpすることにいたしましょう。


yaburegasa0804.jpg
posted by jiro at 16:43| green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

とり・鳥・トリ展

様々な人たちの、不思議な糸がつながって、Akaneさんが当店に来てくださるようになったのは、つい最近のことです。

Akaneさんは「Akane Bon Bon」という名前で、カルトナージュ(紙箱)の創作活動をされています。Akaneさんは、自分がそんな活動をされているということを、自ら語るわけでもなく、私がそのことに気がついたのは、他のお客様との会話からでした。

そんなAkaneさんの創る作品をぜひ見てみたいな・・・と思っていたので すが、今日、ご本人が展示会の案内状を持ってきてくれました。

tori0803.jpg

展示会の名前は、「とり・鳥・トリ展」。
ギャラリースペースのある喫茶店「Gargas(ガルガ)」にて、その他の3名のアーティストの方の作品と一緒に展示されるそうです。展示会の名称からも解るように、作品のテーマは「鳥」。その場で購入することもできるそうなので、気になる方はぜひとも足を運んでみてはいかがでしょうか?

----------------------------------------------
「とり・鳥・トリ展」

期間:2008年5月3日(土)〜5月26(月)
場所:ギャラリー・喫茶 Gargas (松本市深志3-10-26)
出品アーティスト:
Akane Bon Bon = 紙
小沢夏美 = 絵
金井三和 = 陶器
mauve = 金属
-----------------------------------------------


恥ずかしながら、私は「カルトナージュ」なる言葉を知りませんでした。この機会に、ぜひともカルトナージュの作品を見てみたいと思っております。

案内状は、当店にたくさん置いてありますので、ご興味のある方はご自由にお持ちください。当店から、素敵な人たちと、Akaneさんが、不思議な運命の糸でつながっていけばいいな・・・と願っております。
posted by jiro at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

挑戦

昨日の夜、TVのスポーツニュースを観ていて、女子テニスの第一人者である伊達公子さんが、現役に復帰されることを知りました。現在37歳で、11年振りのプロテニスプレーヤーへの挑戦。すごいですね。

5年前、このお店を始めた時は、あり余る情熱がありました。青臭い理想だけを頼りに、無我夢中で開店まで漕ぎ着けた気がします。

あれから月日が経ち、あのころの情熱が継続しているのだろうか、と、たまに思います。実は何も進歩していないのではないか、変わらぬ毎日を送ることが平和だと思い込んでいるのではないか、と自問することが多くなった気がするのです。

考えてみれば、まだ40代に入ったばかり。挑戦をあきらめるには早いかもしれません。3回転職もしましたし、脱サラして開業もしました。それは現状への不満が起こした行動だったかもしれません。でも、新たなことへ挑戦する意欲がなければ行動はともなわなかったはずです。

「挑戦」
たった2文字の言葉の中に、どれほどの汗と涙や、希望と挫折が込められているのでしょう。それを知ることができるのは、実際に「挑戦」を選択した者のみなのです。

伊達さんの会見での笑顔を見て、自分にもまだまだ挑戦できることは山ほどありそうな気がしてきました。今日は、少しばかりの勇気を分けてもらったような気がします。
がんばれ!伊達公子さん!
posted by jiro at 18:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

春の陽気

春らしい陽気で暖かな一日でした。山梨まで足を運んで、一足早く花見をしてきたなんてお客様もいらっしゃいました。いよいよ花見の季節ですね。しかし夕方からはまだまだ冷え込みます。来週くらいから松本平の桜も見ごろになるようですので、夜桜を楽しまれる方は、暖かい上着を一枚持っていった方が良さそうですね。ポットにホットコーヒーを入れて持っていくなんていうのは最高でしょう。お酒の方が良いという方も多いかもしれませんが・・・

本日、400g以上珈琲豆をお買い上げの皆様に、今までお買い上げ総額から5%を割引き差し上げていたサービスを中止することを伝えさせていただきました。快くご了承いただけたことに感謝いたします。誠にありがとうございました。

また、当ブログを見てくださっている方も結構いらっしゃるようで、さっそく保存容器をお持ちになってくださった方が何人もいらっしゃいました。ありがたいことです。

明日から天気は下り坂の模様。きっとこの雨が本格的な春を運んで来てくれることでしょう。皆様にも素敵な春がやってくることを願っております。
posted by jiro at 23:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

MISSLIM

子供に古本を買ってあげる約束をしていたので、子供を連れて「BOOK OFF」に行きました。子供が好きなマンガ本を探している間に、私は中古レコードを漁りに・・・。

そこで購入してきたのは、ユーミンの荒井由実時代の2ndアルバム、「MISSLIM」。宮崎駿監督の「魔女の宅急便」の主題歌として使われた、「やさしさに包まれたなら」が収められたアルバムです。

1974年のリリースですから、私が8歳の時のアルバムということになるのですが、今聴いてもまったく古さを感じさせません。と、いうより、何の楽器が鳴っているのかさえ良くわからないような現在の平べったい音楽に比べると、それぞれの楽器やコーラスの声に存在感のあること!

レコード全盛期に作られたアルバムは、やはりレコードで聴くのが王道でしょう。何十年経っても色褪せない名曲。黒いビニール盤にそっと針を落とすと、30年も前の時代の足音が聞こえてくるような気がしました。
posted by jiro at 21:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

保存容器

「保存容器をお持ちください。珈琲豆1種類につき、10yen割引きいたします。」

今まであまり目立たなかった手書きのPOPを、レジの横の目立つところに置いてみました。すると、「どんな入れ物でもいいんですか?」なんていう質問を、たくさんの方からいただくようになりました。今まで告知不足だったんですね。反省。

珈琲豆の保存容器ですが、密閉性のあるものならばどんなものでも良いかと思いますが、理想は陶器とかステンレス製のものでしょうか。ガラスも材質としては良いのですが、光を通してしまいますので、あまり明るい部屋に置くのは避けた方がよろしいかと思います。

もっとも、しっかりした容器は結構な重さがあるかと思いますので、当店にお越しの際にはZIPバックとかをお持ちになって、家に帰ってから容器にあけるというスタイルが良いかも知れません。

我が家もスーパーやパン屋さんに出かける時は、マイ・バックを持参するようにしています。これからはいかに無駄なものを出さないかを考えていく時代になりそうです。
posted by jiro at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

新しい自分

いつも岡谷市から塩尻峠を越えてやってきてくれるお客様が、今日は、娘さんを連れてご来店くださいました。

今まで珈琲は飲めなかった娘さんが、当店の珈琲を飲んではじめて
「美味しい!」
と言って飲んでくれたのだそうです。こんなお話しをうかがった時は、本当にうしれしいものですネ。いつもはシグリを購入されていくのですが、今日は娘さんと2人でマイルド・モカを飲まれて気に入ってくれたご様子。

娘さん、明日は高校の入学式なのだそうです。
新しい生活。新しい空気。新しい友達。そして新しい自分。
無限の可能性を信じて、がんばってくれればいいなと思います。
posted by jiro at 18:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

空想の具現化

ワケあって、当店のお客様のSさんに、スピーカーを作って差し上げることになりました。そこで早速、図面作成にとりかかりました。

design0803.jpg

私はズボラなので、木材のカットは業者にお願いしてしまいます。この木を切るという行程が、木工の醍醐味なのでしょうけれでも、お店の内装を全部自分で手がけた時に、「これは自分には向いていない!」と悟りました・・・。

それに比べて、図面を引くという作業はとても楽しい。自分の頭の中だけにある空想が、形になって目の前に現れる瞬間なのですから。スピーカーを作る時も、この行程が一番好きかもしれません。カットされた木材を組み立ていく段階で、もうその工作に終わりが見えてくるような気になることがあるのですが、図面を引いている時は、ずっとワクワクしながら作業に没頭してしまうのです。

そう言えば、家を建てた時も、毎晩のようにパソコンに向かって、何十種類もの図面を書いていたものです。綿密に間取りを図面化したものを工務店に持ち込んだら、「こんなお客さんははじめてだ」と笑われました。普通はだいたいの希望の間取りを工務店に伝えて、工務店のデザイナーが家を設計するのが通常のようです。

でも、多くの方にとっては一生に一度しか体験しない家作りの、一番楽しくて美味しいところを、他人様に任せてしまうなんて、もったいないことこの上ない!私なんて、今も、叶いもしない夢である大きな新店舗の図面を、パソコンに向かって、たまに書いたりしているんですから・・・。

もしも願いが叶うならば、JAZZが大音量で流れる、もうちょっとゆとりのある広さの珈琲豆屋を実現させたいものです。そんな空想の空間を、今日も頭の中に図面化するのでありました。
posted by jiro at 19:13| D.I.Y | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

珈琲豆の入れ物

いよいよ今日から、各種食品類の値上げが始まりました。牛乳、バターなどの乳製品や、小麦を使った製品の値上がりを筆頭に、ビールや醤油など、いずれも各家庭で毎日のように使うものですから、主婦の皆さんも頭を悩ませることでしょう。

昨日の日記でお知らせしましたように、当店も今日からボリューム・ディスカウントを廃止しました。このように廃止したサービスもありますが、引き続き継続しているサービスもあります。

店頭に、珈琲豆を入れる容器をお持ちのお客様には、豆1種類につき10円の値引きをしています。2種類の珈琲豆をお買い上げであれば20円引きになります。

このサービスを利用している方は意外と少ないですから、もっと皆さんに活用していただきたいと思います。きちんとした容器でなくても結構です。常連様の中にはビニール袋に入れてくださいという方もいらっしゃいます。

毎回の値引きを合計していけばかなりの額になりますし、家庭で破棄しなくてはならないゴミも減るのでいいことづくめだと思います。ぜひともご利用ください!
posted by jiro at 23:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。