2008年03月05日

本日のBGM!

blogには「カテゴリ」機能がついていて、自分の投稿を各種カテゴライズして、後からそのジャンルの投稿だけを読むことができるようになっています。自分のblogは「日記」のみで投稿していたワケですが、たまには当店でかけているCDの事なんかも紹介していこうと思いまして、「本日のBGM」というカテゴリを作成しました。基本的にはJAZZ中心となるかと思いますが、お楽しみいただければ幸いです。

と、いうわけで、「本日のBGM」の記念すべき初紹介CDは、山中千尋さんの出来立てホヤホヤの新譜、当店にも本日届いたばかりのこのCDです!

chihiro0802.jpg
山中千尋
「After Hours」


今やJAZZピアノ界のクイーンとしての地位を築き上げつつある山中さんですが、現在所属しているメジャーレーベルへの移籍後は、「立ち止まったら終わり」とばかりに、アグレッシブに、前衛的に、まさに縦横無尽に弾きまくっている感が強いのですが、当店のBGM用と考えるとちょっとアグレッシブ過ぎまして、山中さんのCDをかける時は、マイナー時代(澤野商会)の3作品をかける事が多かったのが事実です。しかし!今回は昨年末に急逝したJAZZ界の大御所、オスカー・ピーターソンへのオマージュ作品ということもあってか、力を抜いて実にさらりと弾いております。お店のBGMとしてまさにうってつけのCDで、しばらくは当店のメインBGMになりそうです。

驚いたのはコール・ポーターの名作として名高い、4曲目に収録されている「 You'd Be So Nice To Come Home To」です。ギタリストのリーダー作品であるかのごとくギターが前面にフィーチャーされており、ピアノは中盤以外はごく控えめにバッキングに徹しています。使われているギターが「エレアコ」なのか、まるでギターの名手、ジム・ホールのアルバム「CONCIERTO」中での同曲を聴いているような感じすらします。このようなアプローチは今までの山中作品には無かったような気がしますので、非常に新鮮でした。

そして、特筆すべきは、その録音の良さ!今回はドラムレス作品ということで、ピアノ、ベース、ギターのみが音源であるせいでしょうか、非常に「生っぽい」音がします。まるで、そこで山中千尋さんがピアノを弾いているようです。最近の音楽はすべてコンピュータ上で作られていきますから、「生音」なんて観念はとっくに無くなってしまっているのですが、このような素晴らしい音を聴くと、「JAZZっていいナ」と改めて思うのです。


posted by jiro at 14:11| 本日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。