2008年02月14日

南十字星という名の珈琲豆

先日BLOGに書いた準備中の豆、どこのコーヒー豆かわかりましたか?
正解は、インドネシア・バリ島産。その名も、「バリ・サザンクロス」。
今週末の日曜日より期間限定にて販売開始。450yen/100gデス。

生豆のグリーンはそれほど強くなく、欠点豆の混入はわずか。ピーベリー(丸豆)をふんだんに含んだ、ふくよかな形状の豆です。焼き上がりの粒は良く揃っていて、割れ、欠けも少なく上々の仕上がり。同じインドネシアながら、スマトラ島のマンデリンとはだいぶ印象が異なる感じです。

肝心のカップテスト。ローストは当店標準のシティ・ローストにて。酸味はほどよく抑えられて、苦味は適度。特筆すべくは、そのコクの深さ。シティ・ローストで十分なコクを持ち合わせ、数日後には甘味も十分に乗ってくると予想されます。皆さん、ぜひお試しを!

明日は第3金曜日ですのでお休みさせていただきます。金・土と2連休をいただきますので、「サザンクロス」は17日の日曜日からの販売となります。

bari0802.jpg
焼き上がりもきれいな「バリ・サザンクロス」



今日は、Aさんが'70年代の名車、HONDA Z360に乗ってご来店くださいました。すでに製造から35年以上を経過しているこの車、購入時にはサビだらけだったボディを、Aさんが丹念に塗装を落としてきれいにしたものです。この度、晴れて全塗装が完了したとのことで、お披露目となりました。
Z0802.jpg
いいですね!最新のハイテクばかりを追い求め、純粋な車の楽しさをどこかに忘れてしまったような現代の車ばかりを見ていると、尚更、旧車の魅力が際立って見えてきます。


posted by jiro at 21:49| 珈琲豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。