2008年01月10日

あんバタのお供には・・・

妻が珈琲豆の配達のついでにパンを買ってきてくれました。喫茶店や美容室など、配達するエリアごとにおいしいパン屋さんがあるので、そこでパンを買って帰るのが我が家の楽しみの1つです。本当は近隣(あるいていける距離)にパン屋さんがあるのが理想なのですが、残念ながらこのご近所にはパン屋さんがないのです・・・

妻が買ってきたのは「あんバタ」です。小型のバゲット型のパンの横に切れ込みが入れてあって、そこにアンコとバターを練り合わせたものがサンドしてあります。近年、私は大のアンコ好きになっておりまして、羊羹だとか、大福だとかに目がないのです。

さて、甘いパンと合わせる珈琲ですが、昨日から販売開始した「ブラジル・サンマリノ・サンドライ」に一工夫。挽き方を通常よりも細かい「細挽き」にして、いつもよりちょっと濃厚な珈琲をカップに注ぎます。アンコに負けないビターな味わいを演出できます。

こんな風に、食べ物に合わせて、珈琲豆を挽く粗さを変えてみると、さらに珈琲の魅力が深まります。プロペラ式の電動ミルはどうしてもムラになってしまいますので、できれば臼歯式のものがオススメです。5,000yen〜8,000yenくらいで購入できます。もちろん、手動ミルならばツマミの調整で粗さを変えられますので、問題なしです。

ミルをお持ちの方は、いろいろと試してみてください。新たな発見があると思いますよ!


posted by jiro at 23:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。